進学選択のスケジュール

このページでは、進学選択前後の大まかな出来事とその内容について紹介していきます。具体的な日程は、教養学部公式発表をご確認下さい。

時期 出来事
11月下旬~12月中旬 1年生向けガイダンス
4月中旬~5月下旬 2年生向けガイダンス
6月下旬 第一段階(1):第一段階の定数発表、進学志望の登録
第一段階(2):第一段階の志望集計表の発表
7月下旬 2Sセメスター期末試験
8月上旬 2Sセメスターの成績発表、平均点発表、「進学選択が可能となる条件」を満たしているかの発表
8月中旬 第一段階(3):第一段階の志望登録の変更
8月下旬 第一段階(4):第一段階の進学内定者の発表、第二段階(1):第二段階の定数発表
第二段階(2):第二段階の進学志望の登録
9月中旬 第二段階(3):第二段階の進学内定者の発表、第三段階(1):第三段階の定数発表
第三段階(2):第三段階の進学志望の登録
9月下旬 第三段階(3):第三段階の進学内定者の発表
進学内定者ガイダンス
2Aセメスター開始
1月上旬 進学内定辞退
1月中旬~2月上旬 2Aセメスター期末試験
3月上旬 進学決定者の発表
4月上旬 進学者ガイダンス

11月下旬~12月中旬…1年生向けガイダンス

進学選択全体の説明のためのガイダンス(文科生向けと理科生向けの2回開かれます)のほか、各学部ごとのガイダンスが開催されます。

4月中旬~5月下旬…2年生向けガイダンス

1年生向けガイダンスは学部ごとの開催でしたが、学科やコースごとのガイダンスも開かれます。

6月下旬…第一段階(1):第一段階の定数発表、進学志望の登録

新しい学務システムUTAS(旧UTask-Web)で志望する進学先を登録します。第一段階は単願です。この志望登録は最終決定ではなく、8月中旬に志望を変更する機会があります。第一段階で内定すると第二段階には参加できませんので、第一段階に参加しないこともできます。

推薦入試で入学した学生が最優先なので、定数が「進学選択の手引き」に記載された人数より減る可能性があります。

6月下旬…第一段階(2):第一段階の志望集計表の発表

1Aセメスターまでの成績を元にした、進学選択第一段階の志望集計表が発表されます。志望集計表では、進学先の学部学科別の志望者数を見ることができます。それと同時に、順位を見ることができます。

7月下旬…2Sセメスター期末試験

2Sセメスターの期末試験が行われます。理科生の基礎科目「物性化学」と「生命科学」(理1のみ)の追試験も行われます。

8月上旬…2Sセメスターの成績発表、平均点発表、「進学選択が可能となる条件」を満たしているかの発表

2Sセメスター・2S2タームまでの成績が発表されます。同時に、第一段階・第二段階で使用される平均点の発表も行われる予定です。この点数をもとに、進学選択が行われることになります。

8月中旬…第一段階(3):第一段階の志望登録の変更

成績発表を受けて、第一段階で志望する学部や学科などを変更できます。この変更期間が終わると、もう変更できません。

8月下旬…第一段階(4):第一段階の進学内定者の発表、第二段階(1):第二段階の定数発表

進学選択第一段階の内定者が発表されます。

第一段階で満たされなかった定数は第二段階に繰り越しになるので、定数が「進学選択の手引き」に記載された人数より増える可能性があります。

8月下旬…第二段階(2):第二段階の進学志望の登録

第二段階の進学志望の登録自体は8月上旬から始まっていますが、第一段階の内定者が発表され定数が確定した後も変更ができます。第二段階は複願で、全てに登録することも制度上は可能です。平成30年度進学選択からは第二段階のみ「受入保留アルゴリズム」が適用されます。このため、底点を見ながら志望順位を吟味する必要がなくなったので、第二段階では志望集計表が発表されず、スケジュールも早まっています。

第二段階では志望理由書が必要となる学部があります。登録までにあらかじめ準備しておきましょう。

9月中旬…第二段階(3):第二段階の進学内定者の発表、第三段階(1):第三段階の定数発表

進学選択第二段階の内定者が発表されます。「受入保留アルゴリズム」の採用により、定数を超えて内定することはありません。

第三段階は第二段階までで定数が満たされなかった(いわゆる底割れ)進学単位で行われることがあります(行われないかもしれません)。

9月中旬…第三段階(2):第三段階の進学志望の登録

第二段階までに進学先が内定しなかった学生は、降年して次の年の進学選択で再挑戦するか、第三段階に志望を出すか選択します。第三段階では第3志望まで提出できますが、「受入保留アルゴリズム」が適用されないので、志望順位をよく考える必要があります。

第三段階でも志望理由書が必要となる学部があります。登録までにあらかじめ準備しておきましょう。

9月下旬…第三段階(3):第三段階の進学内定者の発表

進学選択第三段階の内定者が発表されます。再志望は廃止になったので、これで全て終了となります。

9月下旬…進学内定者ガイダンス

進学先が内定した学生は、2Aセメスター開始直前に各学部主催のガイダンスに参加することになります。参加できない場合は事前に進学先の事務室などに連絡し、指示を仰ぎましょう。ガイダンスの後に歓迎会が行われる学科もあります。

9月下旬…2Aセメスター開始

学部や学科によっては、2Aセメスターの専門科目が本郷キャンパスで開講される場合があります。開講場所は学部便覧で確認できます(進学情報センターで閲覧できます)。参考までに例年の開講場所を以下に記載します。

学部 キャンパス
法学部 駒場(ほとんどの科目が900番教室)
経済学部 駒場(すべての科目が1323教室)
文学部 駒場・本郷
教育学部 駒場・本郷
教養学部 駒場
工学部(社基・建築・都市・機械系・マテ工) 本郷(一部科目は駒場)
工学部(航空・精密・物工・計数) 駒場・本郷
工学部(電気系・化学系・シス創) 駒場
理学部 駒場(一部科目は本郷)
農学部 弥生
薬学部 本郷
医学部 本郷

1月上旬…進学内定辞退

2Aセメスターの専門科目を経て、内定を辞退する場合は、進学内定辞退届を提出することで留年することができます。ただし、転学部・転学科という手段も残されているので、進学先で相談してみるのも手です。

1月中旬~2月上旬…2Aセメスター期末試験

教養学部前期課程の単位を取り損ねている人は、2Aセメスター・2A2タームまでに単位をかき集めることになります。専門科目の試験は前期課程の前後に実施されます。

3月上旬…進学決定者の発表

2Aセメスターの成績が発表され、後期課程に進学できたかどうかを確認できます。すなわち、「前期課程修了要件」が満たされていれば、後期課程への進学が決定し、4月からは3Sセメスターが始まります。単位が不足していると留年となり、たとえ進学先が内定していたとしても、その内定は取り消しとなり、4月から再び2Sセメスターが始まります。

4月上旬…進学者ガイダンス

進学決定者向けに、各学部主催のガイダンスが実施されます。進学手続きのための書類や新しい学生証などが配布される大事なガイダンスなので、どうしても参加できない場合は事前に進学先の事務室などに連絡し、指示を仰ぎましょう。ガイダンスの日程は、例年3月中旬頃までには発表されているようです。

掲載日: 更新日:
担当: , 坂井桂祐