当日の様子(模擬店)

模擬店の様子

五月祭の当日の様子です。

[photo]をクリックすると、さらに写真を見ることができます。(JavaScriptを有効にする必要があります)

※うまく動作しない場合はこちら


展示・発表 | パフォーマンス | 模擬店


東京大学かるた会
東京大学百人一首同好会 @身体運動実習室Ⅰ

百人一首の上の句を美しく読み上げる声が聞こえてくる部屋を覗いてみると、東京大学百人一首同好会により「かるた会」が行われていました。フローリングの床に畳が引かれ、同好会のメンバーの方がかるたの勝負の実演をされていました。この競技かるたは「畳の上の格闘技」とも言われるそうで、上の句が読み上げられはじめた次の瞬間に、目にもとまらぬ速さでかるたを取る、むしろ「飛ばす」様子は非常に迫力があり、見ているだけでも面白いものでした。美しい着物と迫力のコントラストを間近で感じることができるだけでなく、来場者が体験することもできます。2人で来場し、初めは実演を見ていた高校生たちも、2人で1人の同好会のメンバーに挑むという形で体験していました。


担当: 島田佳織 *

[photo]
舌で味わう中国
UT-CSS @118教室

多くの企画が集まる1号館1階に、中国の文化を様々な面から味わえる企画がありました。ふぁんそん太極会とUT-CSS(University of Tokyo Chinese Speaking Society)によって運営されており、UT-CSSのコーナーは中国の文化を舌で味わうことができるスペースを提供していて、普段あまりなじみのない種類の中国茶や、めずらしい中国のお菓子をいただくことができました。目の前で独特の作法で中国茶を入れてもらうことができ、説明を受けられるコースもありました。それだけではなく、短時間の中国語のレッスンやチャイナドレスの貸し出しなども行なっており、くつろぎながら中国文化を楽しめる素敵な空間でした。


担当: 島田佳織 *

[photo]

展示・発表 | パフォーマンス | 模擬店

掲載日:
担当: ,