平成19年度入学式

入学式の模様
入学式の模様
入学式の模様
入学式の模様

4月12日、平成19年度東京大学入学式が、日本武道館にて行われました。朝は少し肌寒く感じられましたが、天気は良好で桜の花が綺麗に咲いていました。今年の入学者数は3150人(昨年は3161人)で、武道館のアリーナ席は新入生で埋め尽くされ、科類によっては、1階の客席も使っているようでした。東大の1学年約3100人が1つの場所にあつまるイベントは、この入学式以外にはありません。


開式時間になると、場内が突然明るくなり、音楽部管弦楽団の演奏が始まりました。自分が入学した時と似た感じで、その時のことが思い出されました。そして、壇上列席者が入場され、その方達の紹介がなされました。毎年、東大総長はもちろんのこと、東大の全学部の学部長が出席されます。

入学式の模様
入学式の模様
入学式の模様
入学式の模様

その後、コールアカデミーによる「大空と」の合唱が行われました。合唱の最中に、舞台のスクリーンには東大構内の映像が映し出され、合唱の雰囲気作りに一役買っていました。コールアカデミーは、かなり上の代のOBも参加されているようでした。「大空と」に続いて、総長の式辞、教養学部長の式辞、先端研バリアフリー分野准教授の祝辞がありました。

総長は、物体の落下法則をめぐる、人間の実験と思考の歴史を例に出して、「『常識を疑う確かな力』を養って欲しい、そして先頭に立つ勇気を持ちこの力を発揮してほしい」とおっしゃっていました。

教養学部長は学生に、「これから始まる2年間の駒場の生活の中で、専門性と豊かな教養を身につけて欲しい」とおっしゃっていました。さらに、進学振り分け制度の中に、全科類枠が設けられていることについても触れていました。

先端研のバリアフリー分野の准教授の福島さんは、小学3年生の時に失明し、高校2年生の時耳も聞こえなくなってしまったそうです。その後は、指点字というものを使って、コミュニケーションをとっていたようです。福島さんは、ご自身の経験から、コミュニケーションの重要さを強く説いていました。

その後、応援部のエールと共に「ただ一つ」の合唱があり、平成19年度東京大学入学式は閉式となりました。式後の武道館の外は、写真を撮る人、東大グッズを買う人、待ち合わせをする人で混雑していました。

入学式の模様
入学式の模様
入学式の模様
入学式の模様

入学式後の新入生の声を紹介したいと思います。

―入学式はどうでしたか。

 大学というのはすごいなぁと思いました。
 おもしろくなかった。
 今日やっと東大生になったと実感しました。
 あっという間だった。
 おしりが痛かったです。
 良い話がたくさんあった。
 福島さんの話が良かったです。

―もう授業が始まりましたが、大学の授業はどうですか。

 人がすごく多くて、始めは慣れません。
 正直眠くなります。いろんな授業があるので、いろいろ選びたいです。
 色々種類があって把握し切れてないです。
 入学式の前に始まっていて、あまり実感がありません。
 初回の授業はガイダンスばかりで、まだよく分かりません。
 高校の授業とは全然違って新鮮な感じがしました。
 思っていたようにレベルが高い。

―これからの意気込みを一言

 いろいろなことを勉強したいです。
 全部優!
 教育学部に行きたいので、そのための知識を蓄えたいです。
 今日から東大の名を背負うので、恥ずかしくないような学生になりたいです。
 文武両道で頑張る!!
 何かを成し遂げて終わりたいです

新入生のご家族に伺いました。

―今のお気持ちはいかがですか。

 がんばってほしいなぁと思います。
 嬉しいです。

入学式の模様
入学式の模様
入学式の模様
入学式の模様

入学当初のこの時期は、期待と不安が多い時期かと思います。総長もおっしゃっていましたが、これから4年間、実りある時間を過ごして欲しいと思います。


≫新入生歓迎企画に戻る

掲載日:
担当: ,