2017年度合格発表

2017年度合格発表

2017年は、本郷での合格者番号の掲示が再開されました。場所は従来の三四郎池と総合図書館の間の通りから、法文1号館と2号館の間の通りに変更になりました。掲示開始12時30分からでしたが、12時頃から掲示板の前には長い列が形成され、掲示開始直前 になると赤門の近くにまで達しました。大変な混雑が予想されていたため、今回は大学と学生自治団体(運動会総務部・教養学部オリエンテーション委員会)とで事前に協議が持たれ、危険を伴う「胴上げ」の自粛などの安全対策がなされました。その効果もあってか、目立った騒ぎやトラブルはありませんでした。安田講堂前の広場ではサークルの新歓活動や応援部による演舞が行われており、にぎやかな合格発表となっていました。

合格者インタビュー

①出身都道府県 ②合格した感想 ③なぜ本郷まで掲示を見に来たか

文科一類(1人目)

  ①東京都
  ②自信はあったが、去年と比べて最低点が上がっていたので少し怖かった。番号があってホッとした。
  ③今年から掲示が復活したということだったので、せっかくなら見て喜びたいと思った。

文科一類(2人目)

  ①大阪府
  ②1年間の努力がかなった。自分の力が認められた。
  ③掲示会場の盛り上がっている感じが見たかった。

文科一類(3人目)

  ①熊本県
  ②うれしい。人生で一番うれしい。
  ③親が来たがったのもあるが、不安だったので。

文科二類(1人目)

  ①東京都
  ②できるだけのことをやってきたつもりなので、それが報われた。
  ③実際に掲示を見て、生活の区切りとしたかった。

文科二類(2人目)

  ①東京都
  ②素直にうれしい。応援してくださった方々に感謝したい。
  ③自分の目で確かめたかった。

理科一類(1人目)

  ①東京都
  ②目標だった東京大学にやっと合格できた。ずっと緊張していたが、ほっとした。
  ③ネットで見るのと生で掲示板で見るのは違うのではないかと思った。人生に一度の合格発表なので。

理科一類(2人目)

  ①千葉県
  ②安心。感動というより安心した。
  ③先にネットで見たが、ネットの発表に間違いがあるかもしれないので確認のために来た。

理科二類(1人目)

  ①静岡県
  ②100%受かったとは思ってなかったが、期待していたので、番号を見て安心した。
  ③1年浪人したので、現実を受け止めるために、実際に目に焼き付けたかった。

理科二類(2人目)

  ①三重県
  ②一浪したので、合格していてよかった。
  ③一生に一度のことだから、落ちていても見たいと思った。

理科三類

  ①和歌山県
  ②良かった……
  ③結果はわかっていたが実感がほしかった。

フォトギャラリー










掲載日: 2017年4月30日 更新日: 2017年5月6日
担当: , UTLife
タグ: なし