山川健次郎

安田講堂の裏に回ると目に入る胸像、それが山川健次郎像です。

山川健次郎は会津藩の出身で、東京帝国大学で物理学を研究し、東京、九州、京都の3つの帝国大学の総長を務めました。明治政府派遣の女子留学生として有名な山川捨松の兄としても知られています。物理学者としては1881年に東京帝大理学部教授となり、1885年に分光器による太陽スペクトルの観測をしました。1888年に博士号の制度が開始した際に日本初の理学博士となった5人のうちの1人でもあり、教科書「新選物理学」の執筆(草稿明治20年代)、自作のX線管によるX線実験(1896年)などを行っています。教育者としては1901~05,1913~20年に東京帝大の総長を務めました。山川総長の1期目には戸水事件が起こりました。これは戸水寛人法科大学教授が1905年に日露講和会議に反対する論文で文部省より休職処分を受けたのに対し、法科大学の教授らが処分の撤回と復職を求めたものです。山川総長は自ら辞任することによって政府に対する大学の自治を守りました。なお、東京帝大で帝国大学令改正により分科大学が学部に再び改組され、経済学部が新設されたのは、山川総長の2期目の1919年のことです。さらに、山川健次郎は1914~15年には京都帝大の総長も兼任し、1911年には九州帝大の初代総長となりました。

この胸像は2006年に山川健次郎の曾孫である福田宏明氏夫妻、孫である服部艶子氏により寄贈されました。胸像の近くにはローソンや中央食堂などがあり、学生生活にとって便利な空間となっています。この像によって授業の合間にふと東大の歴史に思いを馳せることができるのではないでしょうか。

リンク

会津人物伝 – 会津若松市役所ホームページ

掲載日:
担当: ,