プリンターについて

複合機(編註:プリンター機能とスキャン機能の両方を備えたもの)

教育用計算機システムの分散端末用(編註:情報教育棟に設置されているプリンターと同じタイプのもの)は、1階メディアパーク内に3台あります。
 ECCSのアカウントを持っている人のみ利用できます。支払いは、交通系電子マネー(PASMO、SUICAなど)とコピーカードで行ないます。
カラープリントやスキャナ機能も付いていますが、コピー機能は使用できません。操作マニュアルがプリンター横に設置されているパソコンの上に置いてあるので、難なく利用できます。

コピー機

1階コピーコーナーに5台、地下2階に1台あります。1階コピー機5台には、1から5まで番号が振られています。図書館の蔵書の複写のみが可能で、授業ノートなどのコピーは不可となっています。利用できる機能は以下の通りです。

フロア 白黒コピー カラーコピー コピーカード 現金
B2F コピー機 ×
1F コピー機1 × ×
1F コピー機2 × ×
1F コピー機3 × ×
1F コピー機4 ×
1F コピー機5 ×

コピーコーナーで図書館の蔵書を複写する際には「文献複写申込書」に氏名、住所、コピー内容などを記入しなければなりません。

また、著者の死後50年を経過していない著作物などは、著作権法で以下の注意点を遵守して複写することが求められています。

  1. 複写部数は申込者1人につき1部に限ること
  2. 申込者の調査研究のためであること
  3. 図書については一部分(半分以下)の複写であること
  4. 定期刊行物に掲載された個々の論文についてはその全部が複写可能であるが、刊行後相当の期間を経たもの(次号が既刊となったもの、刊行後3か月を過ぎたもの等)に限ること。但し、最新号に掲載された個々の論文等については、その一部分の複写が可能
  5. 有償無償を問わず、再複写したり頒布したりしないこと

利用上の注意を守って、正しく複写しましょう。
(補足:複写には、白黒の場合は1枚につき10円、カラーの場合は1枚につき50円かかります)

掲載日: 2013年4月4日 更新日: 2013年4月4日
担当: ,
タグ: なし