基礎の基礎

まずは肩慣らし、東大生なら必ず知っていなければならない基本中の基本を紹介しましょう。

前期課程と後期課程

東大の修業年限は4年(医学部医学科・薬学部薬学科・農学部獣医学課程は6年)と定められており、ほとんどの学生はこの期間、東大で学んでいくことになります。中には留年する人や中退する人もいますが基本的には4年あるいは6年が前提とされています。

東大の大きな特徴として、4年あるいは6年の修業年限が2つに分けられていることが挙げられます。東大では、初めの2年間を前期課程、後の2年あるいは4年間を後期課程と呼び、区別しています。前期課程では全ての学生が教養学部に在籍し、ほとんどの講義を駒場キャンパスで受けます。後期課程に進むと、学生はそれぞれ法学部・経済学部・文学部・教育学部・理学部・工学部・農学部・薬学部・医学部・教養学部のいずれかの学部に分かれて学ぶことになります。

ちなみに、前期課程から後期課程へ進むことを東大では「進学」と呼ぶことが一般的です。別によその大学に移るわけでもないので単に「進級」と言ってもよさそうなものですが、なぜか進学と言います。このことは、東大において前期課程と後期課程が区別されていることがいかに大きな意味を持っているかを表しているのかもしれません。

後期課程で進学する学部は進学振り分け(通称、進振り)というシステムによって決定されます。詳しくは後で述べます。

前期課程の科類

前期課程では全ての学生が教養学部に在籍すると書きましたが、全ての学生が同じように講義を受ける訳ではありません。教養学部前期課程の中で、学生は6つの科類の中のどれかに在籍し、それぞれ微妙に異なるカリキュラムに沿って講義を受けます。

6つの科類の詳細は以下のようになっています。

  • 文科一類
  • 文科二類
  • 文科三類
  • 理科一類
  • 理科二類
  • 理科三類

見ての通り、大まかに文系・理系に分かれており、それぞれの中でさらに3つの科類が存在するという構成になっています。多くの大学では学部・学科ごとに入学者を募集しますが、東大ではこの6つの科類が募集の単位となります。

これらの科類の間ではカリキュラムや進級の要件などが異なります。しかし最大の違いは、後期課程で進学できる学部が異なるということでしょう。各科類から進学できる学部・学科は原則的に以下のようになっています。

  • 文科一類 … 法学部
  • 文科二類 … 経済学部
  • 文科三類 … 文学部・教育学部
  • 理科一類 … 工学部・理学部・薬学部・農学部
  • 理科二類 … 工学部・理学部・薬学部・農学部・医学部
  • 理科三類 … 医学部医学科
    (教養学部後期課程へはたいていどの科類からも進学できます。)

もっとも、上であげた進学先はあくまで原則にすぎず、これに含まれない進学も可能となっています。詳しくは下記の「進振りについて」をご覧ください。

講義期間と長期休み

4月~7月 夏学期 前半
8月 夏休み
9月 秋休み / 夏学期 後半
10月~12月末 冬学期 前半
12月末~1月初旬 冬休み
1月 冬学期 後半
2月~3月 春休み

東大では1学年が2つの学期に分かれており、それぞれ夏学期・冬学期と呼ばれています。基本的に講義は学期単位で開講され、成績も学期ごとにつけられます。

東大での1年間は大雑把に言って右のようになります。
ただ、9月に関しては、秋休みとして授業を行わない学部もあれば夏学期の後半としてみっちり授業を行う学部もあります。
そのほか、細かな日程は各学部によって異なりますが、だいたいこのようなスケジュールになっています。

講義について

東大の授業は基本的に90分間を一区切りにして行われます。もっとも、学部・学科によっては100分だったり50分だったりもします。この一区切りの時間は1コマとも呼ばれます。東大のほとんどの授業は週1コマのペースで行われますが、実験や演習などでは1週間に何コマもあるのが普通となっています。

授業を履修した場合、試験に合格するなどして基準を満たすと、「単位」という形でその科目が成績に加算されます。「単位」とは大学での学修の量を示すものであり、進学や卒業の条件は取得した単位の数と種類で定められています。
単位と授業科目の種類については学部・学科によって定め方がだいぶ異なりますが、大まかに分けて必修科目と選択科目とがあります。

必修科目とは読んで字の如く必ず履修しなくてはいけない科目であり、定められた期日までにこの科目の単位を取得できていない場合は自動的に留年することになります。
前期課程の場合、外国語や情報、身体運動・健康科学実習(平たく言えば、「体育」です)などが必修となっています。

一方、選択科目とは履修してもしなくてもよい科目です。
もっとも、進級や卒業の要件として選択科目の単位を一定以上取得しなくてはいけないので、まったく履修しなくてよいわけでありません。
しかし、単位数の要件さえ満たせばどの選択科目を履修するかは個人の自由です。
学生は自分のスケジュールや科目に対する興味、必要な単位数などを考えて、自分に合った選択科目を履修していきます。

進振りについて

東京大学には「進学振分け」という独特の制度があります。ここではその概要について説明します。

東京大学では1、2年生を前期課程とし、3、4年生を後期課程としています。入学時には後期課程で進学して専門的な勉強をする学部は決まっておらず、教養学部文科一類、理科二類など科類という大枠に分かれて前期課程を過ごし、後期課程の学部に進学します。後期課程でそれぞれの科類の大半の人が進学する学部は科類ごとに決まっていますが、どの科類で入学しても条件を満たせば、基本的な対応関係以外の学部に進学することができます。

基本的な対応関係については、下の表をご参照ください。



前期課程では、特定の専門分野にとらわれない幅広い分野の授業を受けつつ、後期課程の専門的な勉強の基礎となる知識も学びます。その中で高校生のときには思いもよらなかった分野に興味を持ったり、新しい視点を得たりすることがあるでしょう。

そのように前期課程でさまざまな学問分野に触れた上で、2年生の中間点で、3年次に進学する後期課程の学部学科を決定します。これが「進学振分け」です。進学先の決定は学生の志望と大学でのそれまでの成績によって行われます。

掲載日: 2007年1月23日 更新日: 2007年1月23日
担当: ,
タグ: なし