現在の東京大学

現在の東京大学

全焼した農学部分館付近
全焼した農学部分館付近

戦後、辛うじて戦災を免れた本郷キャンパスは、陸軍当局にとっても占領軍にとっても恰好の接収対象でしたが、その危機は回避され、1946年(昭和21年)、戦後初の新入生が入学しました。

1947年(昭和22年)には、「大学基準」の制定を機に、新制の国立大学として再出発しました。校名も「東京帝国大学」から「東京大学」に改められ、女子に対しても門戸が開かれるようになりました。1949年(昭和24年)の国立学校設置法の制定に伴い、第一高等学校・東京高等学校・附属医学専門部を合併して、9学部・10附置研究所・その他学部附属研究施設・図書館を持つ新制東京大学が創設されました。その際には、教育学部が発足し、駒場の第一高等学校の跡には教養学部が開設されました。特に教養学部の設置は大学基準の理念に基づいたものであり、同様の改革が全国の大学でも行われました。

その後、1958年(昭和33年)に医学部から薬学部が分離独立し、今日見られるような文系・理系合わせて10学部を擁する、我が国最大の総合大学としての教育・研究組織が整備されました。

「封鎖解除」当日の安田講堂
「封鎖解除」当日の安田講堂

1968年(昭和43年)から1969年(昭和44年)にかけて、全国の大学と時期を同じくして、東大でも学園紛争が起こりました。医学部学生処分の問題を機に、学生達が安田講堂占拠や全学部ストライキといった運動を起こし、卒業式・入学式・入学試験の中止や、総長・学部長の辞任という事態を招きました。最終的には、安田講堂に機動隊が突入して封鎖は解除され、600人以上の学生が検挙されて、この紛争は終結しました。

それ以降は、数々の教育・研究組織を整備しながら発展を続けていきます。1991年(平成3年)からは大学院重点化が始まり、学部での教育より大学院での教育に重きをおくようになりました。1998年(平成10年)には新領域創成科学研究科、2000年(平成12年)には情報学環・学際情報学府が設置されるなど、大学院の組織が数多く整備されています。

2004年(平成16年)には、国立大学法人法の制定により「国立大学法人東京大学」となりました。そして、2007年(平成19年)には創立130周年を迎えます。


≪ 前のページへ | 次のページへ ≫