東大の演習林

東大ってどこにあるの?」の記事でも紹介した通り、東京大学の施設は全国津々浦々に存在し、総面積は国土のおよそ0.1%にもなります。このうち、最も広い面積(32,402ha,JR山手線内部の約5倍)を誇るのが、東京大学農学部附属演習林です。

東京農林学校と帝国大学との合併によって新設された農科大学校の附属施設として、1894(明治27)年、房総半島東南部の山林に国内初の演習林(のちの千葉演習林)が設置されました。その後、国内の森林帯や森林の状況に応じて各地に順次演習林が設置され、のちに東京大学農学部に引き継がれました。現在、千葉演習林(千葉県鴨川市)をはじめ、北海道演習林(北海道富良野市)、秩父演習林(埼玉県秩父市)、愛知演習林(愛知県瀬戸市)、富士演習林(山梨県山中湖村)、樹芸研究所(静岡県南伊豆町)、田無試験地(東京都西東京市)、および演習林研究部(弥生キャンパス構内)と、全国8カ所に演習林の施設があります。

演習林の様子

演習林では、森林資源を持続的に利用することと環境を保護することの両立を目指し、森林科学に関する様々な研究・実験が行われています。農学部の学部生・大学院生が演習のためにやって来るのはもちろん、他大学の農学部生も東大の演習林を訪れます。教養学部前期課程の学生も、「全学自由ゼミナール」という集中講義で、演習林で開かれる講座を受講することができます。また、一般の方に対しては、年に一度市民公開講座が行われています。例えば、北海道演習林では、林内にあって普段では登山できない名峰・大麓山に登ることができます。豊かな自然に囲まれて過ごす時間は、貴重な体験になること間違いないでしょう。

ちなみに、演習林には「科学の森教育研究センター」という通称がつけられていますが、実際にそう呼んでいる人がいるのかどうか、疑わしいところです。

掲載日: 2006年12月27日 更新日: 2006年12月27日
担当: ,
タグ: なし