コミュニケーションセンター

赤門をくくってすぐ左に折れるとこじんまりとした建物がたたずんでいるのが見えてきます。この建物こそが東京大学コミュニケーションセンターです。2004年に東京大学が独立行政法人化されたのをきっかけとして、社会と大学のつながりをより緊密なものにする目的でオープンしました。現在、ここでは大学での研究成果の資料展示や、オリジナル商品の販売を行なっています。


東京大学コミュニケーションセンターは本郷キャンパスの赤門のすぐそば、本郷通りに面した位置に建っています。建物自体の歴史は古く、1910年に人力車の車庫として建設されたものをセンター用にリフォームして今に至っています。

研究展示

センターに入るとまず最初にあるのが、東大で行われている研究の展示スペースです。といってもそれほど大掛かりなものではなく、小さなパネルが何枚かと、パンフレット、及びビデオ展示がある程度です。筆者が取材した時は「超小型衛星による新しい宇宙開発への挑戦」という展示が行われていました。また、このスペースには東大の博物館のパンフレットや受験生向けの学部紹介パンフレットなど、研究紹介以外のパンフレットも多数置かれていました。

展示スペースからさらに奥へ入ると東大に関連した商品を販売するスペースがあります。ここでは東大の様々な研究所や研究センターで開発された商品――例えば、分子細胞生物学研究所で発見された「幻の菌」から作られた泡盛「御酒(うさき)」や、史料編纂所の絵巻物を絵皿にしたものなど――が売られています。

キーホルダー
筆者が買ったキーホルダー。630円でした。

また、そのほかにも研究や博物館の展示に関連した書籍などがありますが、なんと言っても品数が多いのはコミュニケーションセンターのロゴ入りグッズです。文房具・時計・食器など、ありとあらゆるグッズがところ狭しと並べられているので、研究の展示などよりもむしろお土産屋さんとしての役割のほうが大きいのかもしれません。

掲載日:
担当: