工学部2号館

もともと工学部2号館は1924年に竣工した、内田ゴシック初期の建物ですが、2000年に南側の部分が改修され、2005年に北側と高層階の部分が新たに建設されました。低層階には教室・会議室・図書館、高層階には研究室、地下には実験室があります。また、工学部の展示室や松本楼というレストランもあります。
工学部2号館の大きな特徴として、建物の中央部分にアカデミック・ヴァレーと呼ばれる屋根付きの大きな吹き抜けがあります。アカデミック・ヴァレーにはサブウェイというサンドウィッチのお店があり、学生の憩いの場になっているほか、シンポジウムや展示会などが行なわれることもあります。

掲載日:
担当: