工学部列品館

本郷キャンパス正門を入って左側に建っているのが、工学部列品館です。当時の工学部教授で、のちに総長となる内田祥三の設計によって1925年に完成しました。「列品館」という名前ではありますが、特に何らかの品物が並んでいるわけではなく、工学部の学部長室や事務室などが入っています。登録有形文化財に指定されています。