伊藤国際学術研究センター

2012年に建てられた伊藤国際学術研究センター。この場所にはもともと史料編纂所の書庫がありました。その書庫を利用しつつ造られたのがこの建物で、内部には旧書庫の一部が昔の姿をとどめたままの状態で残っています。さて株式会社セブン&アイ・ホールディングス名誉会長の伊藤雅俊氏と夫人の伊藤伸子氏からの寄付によって建てられたこの建物には、伊藤謝恩ホールなど様々な学術施設があり、「社会と東京大学との関わりを深めるための社会連携及び国際交流拠点」としての役割や、「グローバルな視野を持ったリーダー育成の施設、学究のための国際会議・種々学会の施設、レセプションやファカルティクラブの施設」としての役割を担うことが期待されています。また建物内にはレストランやカフェもあり、本郷キャンパスを訪れる方におすすめの場所でもあります。