文学部3号館

総合図書館の北東にある背の高い建物が、文学部三号館です。法文一・二号館から延びるように南北にアーケードが貫いていて、いつも多くの人が行き交っています。しかし建築面積が狭く、入り口を見ると1階にはエレベーターと階段しかないという変わった構造になっています。2階にあるのはベランダのようなものだけで、3階から最上階の8階には研究室が、地下1階には図書室があります。