理学部化学館

安田講堂と三四郎池の間の坂を下ると液化窒素と書いてあるタンクが目に入ります。そのタンクのある建物が理学部化学館です。建物はコの字型をしていて東館(旧館)・本館・西館からなり、理学部四号館・七号館と共に小さな中庭を囲んでいます。化学館という名前の通り、化学専攻の研究室の他、講義室や化学図書館なども入っています。大正時代に建てられた二階建ての東館(旧館)は、まさに近代建築といった感じの、本郷キャンパス最古の赤レンガ建築であり、一度見てみる価値があるでしょう。