物性研究所本館

地上6階、地下1階と、大きな建物の多い柏キャンパスの中でも特に大きな建物で、物性研究所の新物質科学研究部門や物性理論研究部門をはじめとする、ほとんどの部門の研究室が利用しています。1階から5階までが2棟に分かれ、その間が大きな吹き抜けの構造となっています。2000年3月に六本木から移転してきた、柏キャンパスで最も古い建物のひとつです。