18号館

駒場キャンパスの奥の方に建つガラス張りの建物が総合研究棟(18号館)です。駒場キャンパス内でも高い方に入る18号館は1階にホール、2階に大学院生用の学習室やラウンジがあり、3階は共通事務室や調整室、4階はコラボレーションルームやオープンスペース、5階から12階は教員室となっています。入り口の右側には内線電話があり、そこから特定の教員へと連絡をとることができます。またFresh Start@駒場(註:入学予定者を対象として入学前に駒場キャンパスライフを知ってもらおうという大学公式のイベント。)や学術俯瞰講義(註:現在学んでいる授業科目の意義や位置づけを認識し、将来の研究についての展望を見出してほしいという小宮山元総長の発案で始まった1,2年生用の講義。)など様々なイベントを1階ホールで催しているので学生にはおなじみです。

掲載日:
担当: , UTLife