21 KOMCEE East

21 KOMCEE(21 Komaba Center for Educational Excellence)は、学びやすさと環境に配慮した、EastとWestの二棟からなる教育棟です。建設中の仮称であった「理想の教育棟」、もしくは「コムシー」の愛称で親しまれています。21 KOMCEE Eastは二棟のうち東にある方の建物で、2014年6月に完成しました。普通の講義室と、理科生の必修となっている基礎実験を行う実験室や、先端実験を体験できる教養教育実験スペースなどで構成されています。実験室は柱の数を少なくし壁をガラスとすることで、見通しの効く安全に配慮された設計となっており、廊下のホワイトボードは学生のディスカッションを促進するようになっています。また自習室も設けられており、授業や実験の振り返りが行えるようになっています。なお、教室にはLED照明が採用されており、空調を含め、人工知能による環境制御が行われています。屋上には太陽光発電パネルが設置されており、ZEB(Zero Energy Building)をコンセプトの一つとして掲げて将来的なエネルギー収支ゼロを目指しています。