合格体験談(理科二類・現役・男性)

―東大を受験した理由は何ですか?

化学でトップクラスの研究がしたかったからです。

―どのような受験勉強をしましたか?

部活をやっていなかったので、放課後から塾での学習を中心に3、4時間程度勉強していました。模擬テストの結果があまり良くなかったので、夏休みくらいから本格的に始めました。年明けからは、特に数学が伸び悩んでいたため、高校の先生に過去問をもらって、ひたすら問題を解くようにしました。センター試験については、問題に慣れるくらいの学習にして、基本的には二次試験の学習を中心に組み立てていました。

―試験前日はどう過ごしましたか?

ホテルで、同じ塾に通う同級生と参考書を読み直すなどして過ごしていました。

―試験当日の過ごし方と心情について教えてください。

とにかく、全力を出すことだけをイメージして、普段の力が出せれば必ず合格できると信じていました。

―受験生に一言お願いします。

心にゆとりを持つことが大切だと思います。入試が近づいても、趣味であるパソコンやゲームは、ストレス解消のため、もちろん長時間はしないが我慢せずやっていました。オンとオフの区別をしっかりつけて、やるときはやる、やらないときはやらない、とはっきりと決めたのがよかったように思います。とにかく、何事もゆとりが大切だと思うので、受験だからといって我慢ばかりせずに、時には羽目を外すこともいいと思います。


合格体験談トップへ戻る

掲載日:
担当: ,