合格体験談(理科二類・浪人・女性)

受験勉強前の話

―現役と浪人どちらですか?

浪人です。

―受験科類、(センター理社含め)受験科目はどうやって決めましたか?

「倫理、政治・経済」選択です。現役時に現代社会を選択していて、新たに覚えることが少なそうだったので選びました。

―東大を受験した理由は何でしたか?

東大の学生や教職員の方の雰囲気に惹きつけられるものを感じたからです。大学生活を東京で送りたいという思いもありました。

受験勉強の話

―受験勉強をいつ始めましたか?

予備校に通い始めたのは高1の時ですが、本格的に受験勉強を始めたのは高3の時でした。

―1日に何時間ぐらい勉強していましたか?

浪人中は1日12時間、直前期には15時間は勉強していました。今ではもうとても無理です。

―部活をいつまでやっていましたか、またそれは受験に影響したと思いますか?

部活は何もしていませんでした。

―苦手科目をどう勉強しましたか?

古文と倫政が苦手でした。前者はひたすら単語帳を暗記し、後者は何度も手で書いて覚えました。

―気を付けていたことを教えて下さい(勉強に限らず)。

睡眠時間は必ず6時間はキープするように心がけていました。また、模試で良い判定をとった時には、浮かれずに次の模試で判定が下がる可能性があることを常に考えていました。

―センターまではどう勉強していましたか?

倫理だけ夏終わりから覚え始めました。その他文系科目は11月まで二次対策、12月からはセンター対策。理系科目は12月まで二次対策、1月からセンター対策を始めました。

―センターから二次試験までの勉強について教えて下さい。

数学のみこれまでの復習をし、その他はひたすら「東大の25カ年」シリーズや各種東大模試の過去問を1日1年分ずつ解いていました。

―東大以外に併願校はありましたか?

ありません。

―試験前日はどう過ごしましたか?

地方出身なのでホテルでのんびりテレビを見て、21時には寝ました。

受験当日の話

―試験当日の様子と心情について教えて下さい。

ついにこの日が来たかーって感じでした。

―試験当日の休み時間の過ごし方について教えて下さい。

お昼ご飯を食べつつノートなどを一通りさらっと見直しました。

―終わった後の心情をどうぞ。

なんとなく受かったような気がして、怪しく不気味ににやにやしていました。

―合格発表の日、どうでしたか?

喜びつつも、受かっちゃってどうしようって気もなぜか少しありました。

受験生に一言

「ライバルの存在」が意外に大きいです。私も現役時や浪人当初は受験=個人戦と思っていましたが、これは間違いではないにせよ正しくもないです。私は現役の時関西圏の付属校に通い、浪人の時東京の予備校にいたので、以下そのような方に向けての言葉になります。

関西圏で付属校に通う現役の人は、特に周りに東大を志望する人が少なくなってしまいがちなので、模試を頼りにしましょう。一般的には模試の判定は気にするなと言われますが、この場合話は別です。自分の競争心をあおるために、少しでも良い判定をとることを心がけましょう。

東京の予備校に通う浪人生は、おそらく予備校の体制上、周囲は東大志望者ばかりのはずです。たとえ0.1点で落ちた人も、自分が入試に「落ちた」ということを常に自覚しましょう。予備校内では友達を作らなくても全然問題ありません。ただし、中途半端は避けましょう。作りたいなら、初めの1か月で。作りたくないなら、初めからずっと教室の隅の席を確保し、10分休みには寝るか次の予習か先の授業の復習をして、昼休みは開始と同時に自習室へ行きましょう。この時ゼリータイプの栄養補強食品を持っていき、自習室で勉強しながら飲むといいでしょう。私は後者のタイプで、かなり精神的にはキツかったですが、偏差値は現役時と比較して30近く上がりました。

どちらの人も、勉強している時が楽しいと思えるくらいまで勉強しまくってください。応援します! 頑張って!


合格体験談トップへ戻る

掲載日:
担当: ,