合格体験談(理科三類・現役・男性)

―東大を受験した理由は何ですか?

かっこいいからです。

―どのような受験勉強をしましたか?

中1から塾に行っていました。部活は高2の夏までやっていました。勉強に支障は無かったです。高3はだいたい1日10時間くらい勉強をしていました。理科の計算ミスや勘違いに悩まされましたが、間違える度にノートにサインペンで原因を書いていたら、いつの間にかミスが減っていました。

センター試験対策は、3年の4月から国語と地理を通信教育でやっていました。センターの過去問は年末からやっていました。秋の東大模試が終わった辺りからもっとちゃんとやればよかったと後悔してます。

受験勉強=ニ次の勉強というイメージだったので、基本的にはいつもニ次向けの勉強をしてました。過去問は英語以外は2月に入ってから時間を測って10年分やりました。

―試験前日はどう過ごしましたか?

前日はほとんど勉強せずにリラックスを心がけていました。ネットを見たりテレビを見たりしていました。

―試験当日の過ごし方と心情について教えてください。

試験前は、心臓バクバクでした。始まると何も感じませんでしたが。
休み時間は友達と喋っていましたが、直前は次の教科の問題を1問くらい解きました。

1日目終了後は、数学が思ったほどできなくて萎えましたが、同時に、2日目予定通り取れば受かると思っていました。2日目終了後は、英語と理科ができたので受かったと思いました。

―受験生に一言お願いします。

不安に思っても勉強はできるようにならないので、とにかく淡々と勉強してください。模試の結果が良くても、そのあと手を抜くと一気に抜かされるので慢心しないように気を付けてください。

みなさんの努力が報われることを祈ります。


合格体験談トップへ戻る

掲載日:
担当: ,