合格体験談(文科三類・現役・男性)

―現役と浪人どちらですか?

現役です。

―受験科類、(センター理社含め)受験科目はどうやって決めましたか?

小学校のころから文学部に憧れを持っており、また教育学部にも興味があったので、文三を選びました。

理科は、高校の物理・化学の授業が面白かったので物理基礎・化学基礎を選択しました。社会は、高校で世界史が必修であり、また日本史と世界史を両方選ぶと知識が混同しそうで怖かったので、世界史と地理を選択しました。

―東大を受験した理由は何でしたか?

家に近かったこと、学費の面で親にかける負担が最小限で済むこと、優秀な人たちの中で勉強できることなどから受験を決めました。総合大学で、理系の人とも交流できるというのも大きかったと思います。

―受験勉強をいつ始めましたか?

高2の秋に部活を引退してから、本格的に勉強を始めました。とはいえ、部活が無くなって気が抜けてしまった部分があり、勉強だけに集中できるようになったのは高3の春でした。

―1日に何時間ぐらい勉強していましたか?

学校のある日は4・・5時間、休日は12時間ほどでした。

―苦手科目をどう勉強しましたか?

社会が苦手でしたが、問題集や過去問の分からないところをひたすら繰り返し、重要事項がすらすら出てくるように練習しました。

―気を付けていたことを教えてください(勉強に限らず)。

僕は自制心が弱く、いつからいつまで勉強するかが定まっていない場合どうしても勉強時間が減ってしまいました。また、少し睡眠時間を減らすとすぐに体調を崩し、集中力も落ちました。そのため、生活リズムを守ること、特に睡眠時間が少なくならないようにすることを心掛けました。

―センターまではどう勉強していましたか?

12月になるまでは過去問や記述問題集などで二次の勉強をしました。12月に入ると徐々にセンターの勉強も始めましたが、年内は全体の勉強量の半分ほどに抑えました。年が明けてからはセンターの勉強に集中し、過去問を主に解きました。過去問は、世界史10年分、地理15年分、数学10年分、国語5年分、英語2年分ほど解いたはずです。なお、英語は第4問Bのチラシの問題だけ異常に苦手だったので、そこだけ多く解きました。社会は2周しました。

―センターから二次試験までの勉強について教えてください。

模試の解き直しから始め、その後は残しておいた過去問を解いたあと、今まで解いた過去問を解き直しました。古典と社会は基礎事項の復習を重点的に行いました。

―東大以外に併願校はありましたか?

ありませんでした。

―試験前日はどう過ごしましたか?

朝起きると人生初の胃痛に襲われ、1人での勉強は無理だと感じたので、学校に行って先生や友達と話をしました。(先生には提出していた添削の返却・解説もしていただきました。)

―受験時代の苦しかったこと、楽しかったことは何ですか?

苦しかったことは、少しでも予定通りに勉強できないと、「このせいで落ちるのではないだろうか」という強烈な不安に襲われたことです。同様の理由で趣味に時間を使えなくなったのも苦しかったのですが、こちらには段々慣れました。

楽しかったことは、それまで分からなかったことがどんどん分かるようになることです。世界史などは、勉強するほどそれまで知らなかった因果関係が分かって、特に面白かったです。

―試験当日の様子と心情について教えてください。

家を出る前は緊張しましたが、同級生達と集まって話したら緊張がほぐれました。胃痛も収まっていたので、それなりに良いコンディションだったと思います。どの科目も過去問より難しく感じましたが、かえって自分の持てる限りの力を出し切った感じがして楽しかったです。

―試験当日の休み時間の過ごし方について教えてください。

外に出て散歩したり、友達と話したりしました。

―終わった後の心情をどうぞ。

不合格を確信しましたが、同時にやりきった満足感を感じていました。後期用に数Ⅲの勉強をすることを決意しました。

―合格発表の日、どうでしたか?

午前中は緊張で何も手につかず、時間が経つのがとても遅く感じました。合格を知ったときはしばらく「何かの間違いでは」と半信半疑でしたが、やはり嬉しかったです。

受験生に一言

受験勉強は、時にとても味気なく感じられ、何のためにやっているのか分からなくなると思います。しかし、1つのことに打ち込むということはこれからの人生にもプラスになるはずです。自分の限界に挑んでください。


合格体験談トップへ戻る

掲載日:
担当: ,