住民票について

週末や季節ごとに実家に帰っている人など、生活の拠点が実家にある場合は住民票の移動は義務ではありません。しかし、住民票の移動をしない、すなわち住民票を置いている住所(この場合は実家の住所)と現住所(実際に一人で暮らしている住所)が異なっているままだと、諸々の手続きで注意しなければならないことがでてきます。

例えば、運転免許の取得や更新の手続きをするときに帰省する必要があります。また、選挙の投票入場券や国民年金の手続きの書類は実家に届いてしまいます。したがって、現住所の選挙区で投票したいときや現住所の役所で年金の手続きをしたいときに、実家から住民票の写しを郵送してもらわなければなりません。

一方で、住民票を実家から現住所に移動させた場合は、成人式のときに注意が必要です。成人式は住民票がある地域の招待状が送られてくるので、住民票を現住所に移すと一人暮らしをしている地域の成人式の招待状が届くことになります。この場合、地元の成人式に出たいときは事前に地元の役所に連絡をしましょう。

住民票は、地元で転出届と、引越先で転入届を出すことで移動することができます。地元の役所に転出届を提出すると転出証明書が発行されます。この転出証明書を引越の際に持っていき、引越日から14日後までに引越先の市区役所に転入届と一緒に提出すると住民票を移動できます。

なお、同一市区内では引越前の手続きは不要で、引越後14日以内に引越先の役所に転居届を提出するだけです。

また、郵便局の転居届を提出すると、旧住所に届いた郵便物を新住所に転送してもらえます。郵便局窓口で専用の申し込みはがきをもらって、必要事項を記入して郵送するか、もしくは日本郵便のホームページから申し込むかのどちらかで手続きできます。


上京の心得トップへ戻る