衣服について

1.衣服について | 2.食事について | 3.住まいについて | 4.一人暮らし全般について


生活する上で必要な「衣」「食」「住」。ここでは「衣」について聞いてみましょう。

―実家からどれくらい服を持ってきましたか。またどんな服を持ってきましたか。

女性A 普段着としては、どの季節でも、1週間と少しで着回せるくらいの量の服を持ってきました。部屋着は夏物と冬物のみ。春や秋はそれらの重ね着で過ごしました。

女性B 上京時は小型のキャリーバッグに収まるくらいを持ってきました。春に着るものだけで、普段着を2、3セット、部屋着を1セットくらいです。
あとは、夏前に夏服をダンボール1箱くらい送ってもらって、冬前には一度帰省してコートや上着を持ってきました。

男性C 実家にある春物と夏物はほとんど持ってきました。冬物は迷ったのですが、実家からいつでも送ってきてもらえると思ったので上京の時点で持ってくるのはやめました。

男性D 引越しのシーズンに必要な服を、4、5日くらい洗濯しなくてもよいくらいの量を持ってきていました。その後のシーズンの服は後追いで送ってもらったりしました。

―服を買うペースはどれくらいですか。どこで買うことが多いですか。また今後の引越の手間を考えていますか。

女性A バイトも学校もなく1日中暇なときにまとめて買いに行きます。主に新宿のルミネ(LUMINE)や吉祥寺のマルイ(OIOI)で買います。たまに大井町で買うことも。引越しの手間は全く考えず、ストレス発散の意味も込めて財布と相談しつつ好きなだけ買います。

女性B あまり買わない方だと思います。大学やバイトの帰りにふらっとお店に寄って買うのことが多いです。あとは、遊びに行くとかお呼ばれとかのときに仕方なく買いに行きます。引越の手間は考えていません(笑)。
最寄り駅が原宿だったので、買うのは渋谷と原宿が中心でした。渋谷は両極端ですがパルコかユニクロ、原宿は竹下通りの似たり寄ったりのお店たちで。渋谷は駒場に行くときに乗り換えがあるのでよく行きます。

男性C 服は不定期で買います。それも必要に迫られてというよりは、休みの日に気分転換にアウトレットへ行く程度です。場所も特に決まっているわけではなく、駒場に近い渋谷や原宿に行ったこともあれば、遠いところでは町田のアウトレットに行ったこともあります。

男性D 基本的に服にお金を費やしたくないので、上京する前から持っていたものですましたり、地元で比較的安く購入したりします。東京で服を買った覚えがないですね。

男性E 帰省した時に親に買ってもらっています。

―1ヶ月で服に費やす金額はどれくらいですか。

女性A 平均すると1万円をやや超える程度でしょうか。

女性B 毎月遣っているわけではないですが、平均すると1万円未満だと思います。

男性C 不定期なので平均すると月に5000円くらいでしょうか。

男性E 0円。


一人暮らしの東大生の実態トップへ戻る

掲載日:
担当: ,