住まいについて

1.衣服について | 2.食事について | 3.住まいについて | 4.一人暮らし全般について


生活する上で必要な「衣」「食」「住」。ここでは「住」について聞いてみましょう。

―どのあたりに住んでいますか。なぜそこに住もうと決めましたか。

女性B 千駄ヶ谷というところです。最寄りが原宿駅で駒場まで近いと思ったのと、他に紹介された物件が全部知らない地名でなんとなくいやだったので。
今思えば都心すぎて手頃なスーパーも無いし、駒場に行くのに乗り換えもあるしで不便だったと思います。狭い割に家賃高かったですし。

男性C 三鷹台です。比較的自由のきく学生会館を選んだからでもありますが、吉祥寺に自転車で行ける距離にあり、そこで必要なものを調達できるからです。

男性D 笹塚です。自転車で駒場キャンパスに通うことができるからです。

男性E 東北沢です。学校まで自転車で行けて、下北沢には徒歩で行けて便利だからです。

―ゴミ出しについて一言お願いします。

女性A 私は三鷹寮に住んでいるのですが、そこではごみの分別にはうるさいけれどゴミ置き場にいつ出しにいってもいいので助かります。

女性B アパートのすぐ前に集積場があったので、前の日の深夜に出していました。
渋谷区は頻繁に出す区分(燃えるゴミなど)にゴミ袋の指定が無かったので楽でした。
帰省などで長期不在にするときは、家にゴミを放置しておくとまずいので、一週間でゴミ出し計画を立てて必死に部屋を片付けて捨てていました。間に合わずやむなくゴミを放置して家を空けるときは、ゴミ袋を二重にして口をきつく結んでいました(笑)。

男性D 早起きしないといけないので、朝が苦手な自分には厳しかったです。

―ゴキブリが出たことはありますか。

女性A でません。しかし一度水回りにゴミを放置していたことがあり、コバエが大量発生してしまいました。市販の置き型の殺虫剤でその場を凌ぎましたが、やはり効き目が出るまで数日掛かるためその間非常に憂鬱でした。

女性B 2回。どちらも厳しい戦いでした。
ゴミをためてたわけではないのですが、散らかしてたら出るっぽいですね。
置型・霧吹き型の消臭剤・芳香剤で、部屋中にハーブとか草原の香りを撒き散らしておくと寄ってこないようです。

―お隣さんとの関係について何かエピソードなどはありますか。

女性A 話し声は聞こえなくても、くしゃみの音や笑い声は響いてきます。

男性C お隣さんというか、前の部屋の子がよく自分の部屋にしゃべりに来て、楽しいです。

男性D アパートなので全くといっていいほど交流がありませんでした。せいぜいアパートの通路で出くわして挨拶するくらいでした。


一人暮らしの東大生の実態トップへ戻る

掲載日:
担当: ,