食事について

1.衣服について | 2.食事について | 3.住まいについて | 4.一人暮らし全般について


生活する上で必要な「衣」「食」「住」。ここでは「食」について聞いてみましょう。

―普段の食生活についてお伺いします。

女性A ほぼ毎日のようにバイトが夜遅くまであるので、家に帰ってからご飯を作ろうという気力も起きず、自炊は全くしていません。スーパーやコンビニのお弁当ばかりです。テスト期間中はバイトを休むことが多いので、自炊することもありますが、作りだめできる煮込み料理ばかりです。

女性B 始業前ぎりぎりに起きることが多いので朝は食べません。お昼はコンビニかカフェか食堂かで済ませます。夜は友達といると主にラーメンを食べて帰ります。
直帰した日で時間と体力に余裕があれば夜は自炊です。気を抜くとラーメンとかパスタとかの麺類に偏ってしまうので、自炊のときはできるだけ野菜や魚を食べるようにしています。

男性C 私は食事付き学生会館の館生なので朝と晩は食事がでます。ただ日曜日と祝日、長期休暇のときには食事が出ないので外食したり、スーパーで買っておいた冷凍食品を食べたりします。

男性D 自炊に関しては、毎日とはいきませんが週3~6日くらいです。しかし、料理のレパートリーが増えることはなく、野菜炒めや焼きそば、卵とじの丼でローテーションするといった感じでした。料理したくない時は冷凍食品などを利用していました。

―1ヶ月の食費はどれくらいですか。

女性A 4万円強です。自炊の大切さを思い知らされます。

女性B 月に2万円くらいでしょうか。外食が多い時は3万ちょっとくらいです。

男性C 寮の食事分を除くと約3万円です。

男性D 20000~25000円くらいですが、外食が多くなるとさらに膨れ上がる事もあります。

―大学の食堂はどれぐらい利用していますか。

女性B ほとんど行かないです。お弁当も作ったことないですね……いつかきっと……。

男性C お昼ごはんは生協食堂と購買部を半々の頻度で利用します。寮の自分の部屋にはキッチンがないので、お弁当は作れません。

男性D 昼食は、ほとんど食堂を利用していました。早起きが苦手なので、弁当を作るなどという選択肢はありませんでした。

男性E 食堂は週1回程度利用します。2限と3限の両方が入っていて時間がない場合は購買部で菓子パンやおにぎり、弁当を購入して3限の教室で食べることが多いです。朝にタイマーで炊飯しておにぎりを握ることもたまにあります。

―自炊のコツはありますか。

女性A 冷凍もののピラフやドリアは朝ご飯として使えるので、それを朝食としていたときもありました。……が、朝少しでも長く寝ていたいという思いが勝ち、長続きしませんでした。

女性B よく使う食材(卵・パスタ麺・白米)でどれだけバリエーションを増やせるかの勝負かなと(笑)。
あとは買った食材をどう余らせずに使うか、食材を余らせないようにどう買っていくかですね。レシピ投稿サイトなどで、家にある食材名で検索をかけてみるといいと思います。

男性D ご飯や肉を小分けにして冷凍することで腐らせることなく保存することができます。また、一人暮らしなので、安いからといってむやみに量の多いものを買うのではなく、使い切れるだけ買う方が安く済みます。

男性E カレーのようにまとめて作れるものは1回に2~4人前を作っておくことです。ただし夏場は冷蔵庫に入れておくなどして悪くならないように気をつける必要があります。


一人暮らしの東大生の実態トップへ戻る

掲載日:
担当: ,