一人暮らしについて

1.衣服について | 2.食事について | 3.住まいについて | 4.一人暮らし全般について


ここでは、「衣」「食」「住」で分類できないことについて聞いてみましょう。

―収入源についてお伺いします。

女性A 仕送りをもらっていないので、バイトと奨学金のみでやりくりしています。

女性B 生活費は借入の奨学金です。仕送りは直接お金ではもらっていませんが、学費や家賃は両親に出してもらっています。

男性C 仕送りがあります。

男性D 奨学金と親からの仕送りが収入源です。自分のアルバイトでの収入が小遣いになっていました。

男性E 家賃と学費は親に払ってもらい、光熱費を含む生活費は奨学金で賄っています。バイトをして貯めたお金は旅行や娯楽の費用に充てます。

―一人暮らしの実体験から一言お願いします。

女性A 忙しいから、夜帰るのが遅いからを言い訳に、部屋を全く片付けないとすぐに脱いだ服の山、食べたお弁当パックの山ができます。しっかり掃除しましょう。そして歯磨き粉やトイレットペーパーなどの消耗品は、想像以上に速くなくなります。

女性B 連続して一人でいると慣れますが、友達が来て帰った後や、帰省から東京に戻ってきたときはやっぱりさびしいです。
一人でいる時間を満足に使える趣味をもつとまた違うと思います。私は勉強・課題は図書館や喫茶店でしかやれない(自室はどうもやる気が出ない)ので、最近は家では料理をしたり遊び半分でパソコンの練習(?)をしたりして過ごしています。
たいへんだと思うけど、みんなそんなもんです。新生活の忙しさに身をゆだねつつ、少しずつ慣れていって良い一人暮らしをお過ごしください!

男性C 実家に置いてきたペットが恋しくなることがあります。

男性D 自分が住んでいたところが特殊なのかもしれませんが、洗濯機が二層式であったので、洗濯機を回している間に他のことがなかなかできず、時間が多くとられました。
洗濯機は絶対に全自動がよいです。当たり前ですが。

男性E 家計簿をつけるときには、食費を外食費と食材費に分けて集計すると無駄遣いしにくいのでおすすめです。


一人暮らしの東大生の実態トップへ戻る

掲載日:
担当: ,