お金の使い方(第58回調査)

大学に入学すると誰もが考える「お金の使い方」。とくに自宅外生は親元を離れ、生活に関する出費は全て自分で考えなければなりません。ここでは、2008年(第58回)学生生活調査のデータを基に、東大生がどのようにお金を使っているかを見ていきます。

1ヶ月の支出額

支出額(1ヶ月の平均)
左:自宅生 右:自宅外生

まず、自宅外生は自宅生より出費が多くなっています。実際、1ヶ月当たりの出費(100円未満四捨五入)を比較すると、自宅生の平均は63,000円、自宅外生の平均は141,300円となっており、大きな差があります。その大きな要因となっているのが住宅費で、自宅外生の住宅費は68,300円となっており、自宅外生の大きな負担となっていることがわかります。また、食費も自宅外生の方が多く、自宅生の平均は16,600円であるのに対し、自宅外生の平均は31,500円となっています。これに対し、自宅生の方がお金をかかるのが通学費です。自宅生の平均は9,500円ですが、自宅外生の平均は3,700円となっており、やはり自宅生には長い距離を通学する人が多いようです。一方、自宅生・自宅外生ともに少なかったのは衣料費です。自宅生の平均は9,200円、自宅外生の平均は8,000円となっており、どちらも全体の出費から考えると少ない印象です。「衣」、「食」、「住」のうち「食」と「住」にはお金をかけざるをえない分、「衣」にはお金がかけ難いということでしょう。また、他に自宅生・自宅外生で差がつかなかったものとしては、教養・娯楽費や勉学費が挙げられます。キャンパスライフにかける金額には、自宅生・自宅外生の間に大きな差はないようです。

次に男女別に見てみても、お金の使い方の傾向に差があることがわかります。衣料費について見ると、男子学生の平均は7,500円、女子学生の平均は12,100円となっており、女子学生の方が多いのに対し、食費について見ると、男子学生の平均は25,100円、女子学生の平均は20,100円となり、金額の多寡が逆転しています。ただし、教養・娯楽費や勉学費については、自宅生と自宅外生の間に差がないのと同様、男女の間に大きな差はありません。

このように、「お金の使い方」を見ていくことは東大生の生活を知る手助けになります。興味のある方は是非、原データ(2008年(第58回)学生生活調査の結果 第二部 資料2-Ⅵhttp://www.u-tokyo.ac.jp/gen03/kouhou/1393/siryo-2-6.html)をご覧になってはいかがでしょうか。

参考