東大生の1週間(2年生その3)

第3学期(2年生夏学期)

(※講義間や昼の休み時間は省略していることがあります。)

学期を振り返って

理一2年生の必修は、上表で「(必修)」と記した講義・実験(時間割上は計4コマ)のみです。後期課程に進学するだけなら、火曜・金曜さえ大学に来れば(いや、火曜の講義では出席が取られないので最悪金曜だけでも)十分だったのですが、興味をそそられる授業も多く、また所属している2つのサークルの部会が月曜と水曜に入っていたこともあり、何だかんだと言いながら週16~17コマ程度は出席していました。とはいえ試験やレポートは面倒なので、一方通行式の大人数講義では履修登録せずに聴講だけということもしばしばでした。

水曜開講で興味のある授業は概ね1年生で取り尽くしてしまった感があったので、水曜は5限に1コマだけ授業を受けてからUT-Lifeの部会に出ることにして、午前中はバイトでもしようか……と考えていたのですが、木曜に入れた語学2コマの予習復習で予想以上に時間を取られ、それどころではなくなってしまいました。

このように2年生にしては少々忙しい生活を送っていたわけですが、実験・語学など、定期試験を行なわずに平常点(毎週のレポート・小テスト・出席点)のみで採点される科目が多かったため、学期末にバタバタするということはあまりなく、その点では良かったのかもしれません。

掲載日:
担当: ,