研究費について

東京大学の予算の中で教育研究経費が占める割合は42.7%(平成16年度)で、769億4400万円でした。なお、このうち人件費は500億円ですから、全体の3分の2が研究費として使われています。では3分の1は何に使われているかと言えば、新たな研究施設の物件費や維持費に充てられています。なお、学部ごとの内訳では理学系研究科・工学系研究科など理工系で多く、人文社会系研究科など文科系で少ない傾向にあります。

これらは運営費の交付金や病院からの収入、授業料などが主な収入源となっていますが、文部科学省が出している科学研究費補助金(科研費)に基づいた研究や先にあげた21世紀COEの奨励金など、研究の成果に基づいた収入が増えていることも事実です。