須賀千鶴さん

1. 大学時代は | 2. 今の仕事とこれから

弁護士になるものだと思っていたら…

須賀さん

小学校高学年の頃、アメリカの法廷で陪審員を熱く説得している弁護士の話を映画かなにかで知って、国際弁護士になりたいなと思って。どうせならトップを目指そうと、東大法学部を漠然と考えました。私が幼稚園から15年間通っていた女子校は、受験もなく好きなことばかりやっている環境でしたから、勉強が出来ることに大した価値はなかったんです。おしゃれであることとか友達思いであることとかと同じように、勉強が出来るという特徴を持っていた、そのくらいのものでした。そんな学校にいたので、東大受験のためのノウハウが必要で塾に通うようになり、それから本格的に東大に受かるための勉強をコツコツとし始めて、受かりました。勉強面では塾で助けられ、勉強以外の大切なことに気づかせてくれたのは高校でした。

私は自分自身が納得することが大事だと考えていて、自分で「良いな」と心に決めて東大受験をしましたから、もし日本で最高と思える東京大学に入って「なんだ、大したことないな」と思っても、それはそれで納得できるかなって。だけど実際に入ってみると、まわりは自分を高めることを楽しむ人たちばかりで、日本でトップを目指してきた人達はさすがに違うなぁ、って良い意味で予想を裏切られたと思いますね。

大学は自分で時間を作れるじゃないですか。だから、駒場キャンパスが汚いからってごみ拾いをしたり(笑)、イベントを企画したり、ビジネスコンテストに出たり、人気の授業を立ち見したりと、本当に自由に生活していました。ところが大学三年生のとき、大学の先輩に将来したいことを喋っていたら「大変残念なことに、君のやりたいことは弁護士じゃなくて役人じゃないとできないよ」って言われて。「残念」とはすごく性格的に向かないと思うけど、という意味です。私はもともと、組織に入るのなんかまっぴらごめんよ!っていうタイプで、なんでみんな社会に出て組織に入ると落ち着いて小さくなっちゃうんだろうって思っていました。ですから、組織プレーががっしりしている役人の世界なんて当然考えていませんでしたので、その分先輩の言葉は印象に残りました。それから、法学部の必修授業の他に、面白そうな授業を見つけようとして教務課に行って大学院のゼミの一覧を見ていたんです。そこで、興味があるものに印を付けたら全部行政系のゼミだったんですよ。これにはさすがに驚きましたね。自分はパブリック・マインドがちょっと強くて、世の中に良いインパクトをもたらす起爆剤になりたい、そのことに気が付いたんです。幸い、弁護士になるため司法試験の勉強を1年生の時からやっていたので、法律の知識はそのまま公務員試験で生かされました。

自分の興味に「気がついた」

パブリック・マインドと言いましたけど、私は性善説をとっていて、人間は本質的に幸せになりたいと思っているだけ、悪い人はいないと考えています。みんなが幸せになろうとしている活動の結果が不幸を招くとすると、それは制度が悪いせいじゃないかと思うんです。例えば環境問題。人間が成長のために一生懸命活動をしている結果として、CO2が発生して気候変動が起こりますよね。公害もメカニズムは同じです。環境問題について、弁護士が出来るのは主に損害賠償という事後的なもの。それに比べて役人の仕事は環境破壊をやめさせる法律を作ったり、環境にやさしい技術の開発を推進したりと、環境問題を予防する制度づくりを公の力によってできるのが魅力だと考えました。東大生って、結構こういう大きな話が好きですよねぇ。

先ほどの先輩以外にも、大学院の行政学のゼミに受け入れてくださった先生や、インターン先の外資系企業の先輩などから影響を受けました。あとはAIESEC(学生の海外インターンシップを斡旋する非営利団体)の友人が主催していた「官か民か」という討論会からも影響は受けましたね。「民」のほうの出演者に興味があったんだけど、行ってみると「官」側の人の話に惹かれちゃっていましたね。だから、大学三年生の時期は色々な転機が重なったんですよ。その半年間で、小学校時代からの夢が崩れたんですから。

それから、学生時代にいわゆるベンチャー企業の社長さん達とたくさん出会えたことは有り難かったかな。彼らには企業観を変えさせられました。ヒルズ族ってお金の亡者みたいなイメージで言われていますけど、実はパブリック・マインドの高い社長さんが結構多いんですよ。大企業と互角に張り合おうと必死に戦っている彼らと比べて、自分が仕事で第一線を張る人間になれたかと言われたら微妙だったかも知れないです。一方で、世の中に貢献しようと頑張っている彼らの活動を、ある時点でムーブメントにして制度に組み込まないともったいないな、とも痛感しましたね。企業経済は、今ある制度の中でどれだけの成果を挙げるかというシビアな世界です。もちろん、上の方に行けば企業も世の中の仕組みづくりに深く関わっていますが、若いうちからそこには関われないですよね。だからこそ経済産業省は楽しいですよ。制度を根本から変えて良い国にしたいって思う人がたくさんいます。

学生時代には満足していますが、今思えば、もうちょっとリーダーシップを取るという潔さを持っていればよかったかな、と思います。高校生までは何かをまとめる役は何となく私が引き受けることが多かったのですが、大学に入るとリーダーをやりたい人って沢山いたので、じゃぁやりたい人にお任せしましょうって感じになっていました。でも、将来社会のどこかでリーダーシップを取ろうと思ったら、失敗しても致命的でない学生のうちにたくさん試行錯誤して経験を積んで、自分がチームに与えてしまう影響を理解しておくべきですよね。それが私の場合は高校時代で止まってしまっていて。今は一応係長なので、小さいですがリーダーシップをとる仕事もしています。学生のうちにもう少し潔くリーダーを引き受けて修行していれば、今の仲間にもあまり迷惑をかけずに済んだかな・・・と思います。


1. 大学時代は | 2. 今の仕事とこれから