小久保英一郎さん

私たちが存在するということ―それは、地球が存在することによって可能となっている。その地球がどのようにして出来たのか、惑星系形成論は明らかにしようとしている。今回は、惑星系形成論などの天文学の理論分野において活躍されている、国立天文台の小久保英一郎さん(理論研究部准教授)にお話を伺った。

少年時代

小久保英一郎さん

僕は、自然が豊かで、星もきれいに見える仙台市の田舎の方で育ちました。小学生の頃は山や川で遊んで、生き物などを相手にしていて、自然科学が好きでした。特に分野は考えていなかったけれどもなんとなく将来自然科学を研究できたら楽しいだろうな、と思っていました。それからフィールドワークのように、山や川や海を探検することにあこがれていました。「自然を相手に何かをしたい」という思いがありました。
 東大を選んだ最大の理由は、進振りがあるからでした。入学する時に学部・学科を決めなくて良く、もう少し知識を増やしてから、自分が何が好きか考えられる、ということで1年の浪人を経て東京大学に入学しました。

小久保さんの進振り体験

大学2年生の時進学振分けでは、当時の教養学部基礎科学科第2(以下基礎2。現在の教養学部広域科学科広域システム分科)に進学しましたが、それも、基礎2はまだ専門を決めなくていい、ということが理由でした。当時の基礎2は、学科紹介で「Late Specialization」というコピーがあったように、さらにもう1年一般的な勉強をするというところを強調していました。もう1年間勉強してから研究室を決めたい、と考えてここを選びました。基礎2を選んだもう1つの理由は、宇宙・地球・生命と、いろいろな分野の研究をしている先生がいたからです。その中で、宇宙の先生でコンピュータの研究もしていて、天文学用のコンピュータを作ろうとしている研究室(杉本研究室)がありました。僕は中学校の頃からコンピュータは好きだったこともあり、この研究室に興味を持って、そういうところに行ってもいいかな、この学科は楽しそうだな、という理由で選びました。

(編注 杉本研究室:杉本大一郎東京大学名誉教授の研究室。恒星進化論などの研究を行う。重力多体問題(N体問題)のシミュレーションを行うためのGRAPEプロジェクトを始めたことなどで知られている。)

教養学部基礎科学科・総合文化研究科での研究

小久保英一郎さん

基礎2では地球科学や生物学など、いろいろ勉強しましたが、やはり杉本研究室が面白いな、と思い、杉本研究室に所属することになりました。
 僕の卒業研究は銀河系の中の星の運動についてでした。学部を卒業してからはもうちょっといろいろなことをやってみたいと思いまして、天文学用のコンピュータ、重力多体問題専用計算機の開発に参加しました。デジタル回路の基礎から勉強し、CAD(コンピュータによる設計支援ツール)を使ってコンピュータの回路を設計し、部品も自分たちで買ってきて配線をし、それをワークステーションにつないで、最後に制御用のプログラムを書いて完成です。 天文学にはN体問題というものがありまして、この計算をやるためのコンピュータです。理学部天文学科・理学系研究科だったら、計算のためのコンピュータを自分たちで作ろうということはあまりしないでしょうけど、教養学部・総合文化研究科ではこのようなことができる環境がありました。

学生時代に打ち込んだこと

僕は海洋調査探検部というサークルに入っていまして、そこでダイビングを始め、特に大学院生の頃はよく潜りに行っていましたね。大学院時代にはインストラクターの資格を取り、のちに潜水士の資格も取りました。資格を取ったことでいろいろな海に働きに行くことができるようになり、お台場から沖縄、外国まで、いろいろな海に行くようになりました。 やはり僕は海が好きですね。海の存在は地球の何よりの特徴です。海にいると地球のことを考えます。それから潮から月も感じます。こういうことから天文学の中でも惑星の研究をするようになりました。なんといっても惑星は生命に近いですから。天文学にはいろんな階層があります。宇宙全体を考えるスケールの大きな宇宙論から、非常に小さい地球などの惑星の研究まで。大学で海を好きになったこと、これが今の研究分野につながっています。 また、旅をいっぱいしました。僕の高校はなぜか修学旅行がなくて、そのためにそれまで京都や奈良などには行ったことがなかったのです。僕は寺社・仏像などが好きなので、大学生になってから京都や奈良に初めて行った時はうれしくて、それからいろいろなところを回りました。

天文学者の生活

小久保英一郎さん

天文学者の生活は、観測をする人と理論をする人でだいぶ違います。理論の人は明るいうちに働くといったサラリーマン的な生活ですね。僕自身は理論ですが、太陽系外惑星の観測を手伝うことがあります。可視光観測はもちろん夜に行い、空が明るくなるまでやるわけです。観測中の生活は、夕方に起きて朝(?)飯を食べ、観測の最中に昼(?)食を食べるような生活になるので、完全に昼夜逆転します。 一般に、理論の人は運動不足になりがちです(笑)。僕は体を動かさないとすぐダメになってしまうので、自転車に乗ったり、水泳に行ったりして体を動かすようにしています。体を動かした方が頭も動くという経験もあり、晴れていれば自転車で通勤するようにしています。僕は割と大学の先生と似た生活ではないかと思います。担当している講義は大学の学部では半期に1コマ程度の講義を担当しています。天文台でも講義をしますし、大学院生とのセミナーも行っています。

共同研究の様子は

共同研究は主要な研究方法となっています。理論の研究だと1つの研究にかかわる人数は少なめです。共同研究にはいろいろなやり方がありますが、僕の場合共同研究にかかわるのは普通は一度には多くて4人くらいです。一方、たとえば大きな望遠鏡を作るなどといった巨大プロジェクトにはかなり多くの人がかかわることになります。理論の場合は、論文を書く場合に最初に名前を書くような中心となる人が1人いまして、その人を中心に皆が集まって、計算や解析の結果を見たりしながら議論をする、といった形でやっています。
 僕は一人だけで研究することはあまりなくて、たいてい共同研究の形をとります。人間は間違えるものだ、と僕は思っていて、自分だけで論文を書いてもいいけども、それよりも他の人の目を通していろいろ言ってもらえればいいものができる、という考えがあるからです。もし一人で研究をやったとしても、最後には仲間と議論をすることを大切にしています。

大学の講義で

2008・2009年度と駒場で、教養学部前期課程の総合科目(自由選択科目)「惑星地球科学II」の授業を担当しましたが、学生がみんなまじめだということに驚きました。というのも、僕自身が大学1年生の頃はあまり授業に出ていなかったもので。
 「惑星地球科学II」では、「惑星地球科学I」と違って、先生が自由にテーマを決めて行う授業です。この授業では惑星系形成論の入門講義を行いました。やはりこの分野が好きな人が授業に来ているとは思うのですが、僕が担当して2年目の2009年は、最初から100人以上の学生が来て、しかも最後まで人が減らなかった。普通は2回目の授業から徐々に人が減っていくものですが、2回目以降に大きい教室に変えてもらっても、少し立ち見が出る、といった状況が最後まで続きました。その前の年は50人くらいだったので、もしかしたらこの分野に興味がある人が増えているのかもしれません。あともう1つの要因として、天文学は文系の人でもとっつきやすい、ということもあるかもしれません。この授業を取っていた学生の中には、高校で物理も地学も勉強していないという学生も毎年いますから。
 この授業を取る人は意識が高い人が多くて、しっかり授業を聞いていて課題もしっかりやっている。やる気がある人全員が、行きたい学科に行くことができれば良いな、と思っています。これ以外にも、後期課程・大学院で同じように惑星系形成論の入門講義をやっています。こちらの学生は学部1・2年生よりも知識があるので、学生全員がこの分野に進むわけではないということは意識しつつも、より専門的なことをやっています。 また他の大学に出張して、たとえば3日間連続で朝から晩までといった集中講義をすることがあります。

天文学という学問への思い

小久保英一郎さん

「好奇心」は、とても大切だと思います。 日々生きている中で、「あれ不思議だな」とか「あれ面白いな」と思うことはありますよね。「では、それはなぜなのか」ということを知りたい。知りたいと思うことがないと、学問として成立しません。人間に生来備わっている、外世界にある不思議なことを感じ、それについて知ろうという思いが積み重なって、学問ができているのだと思います。 僕自身も、なぜ地球が地球としてここに存在するのか、銀河系の中にも地球のような惑星が他にもあるのか、どんな確率であるのか、といったことを知りたいなという思いが最初にあって、この研究をやっているわけです。

惑星系形成論へ

僕が惑星系形成論を本格的に始めたのは博士課程になってからです。このテーマを選んだきっかけというのは、なぜ自分がここにいるのか、という疑問につながっています。宇宙が始まり、宇宙の進化の中で銀河系ができて、太陽系、地球、海ができて、生命が誕生して、いまわれわれがいる、という流れがありますよね。その流れの過程ひとつひとつに「なぜ」があります。その流れを天文学は 広い範囲・長い時間で扱っています。「なぜ自分がここにいるのか、我々はどこから来たのか」という根源的な問いがあります。その問いに答えるために、僕は惑星に関する部分の問いについて答えようとしているのです。なぜ惑星を選んだかというと、地球が好きだから。要は何を面白いと思うか。単純なことではありますが、それが大事なことだと思います。
 また、研究する以上は自由でありたいですよね。自分が知りたいと思うような研究が自由にできれば幸せです。長らくこの分野の研究をしていますが、当たり前のことだけども全然謎は尽きず、新たな謎がいくらでも出てきます。1つの問題に答えが出ると、次の問題が見えてくる。謎を解くことに終わりはない。でも、終わりがないからこそいい。

メッセージ

小久保英一郎さん

若いうちに自分を決めない方がいいと、僕は思います。
 という理由は、世界は広くて、1人の人間が知っていることは限られているから。若いうちはいろんなことを試すべきです。たとえば外国に出て行ったり、日本でもいろんなところに行ったり、さまざまなものを見て、いろんな人に会い、いろんなことを試すなどして、貪欲に、自分は何が好きなのかを探す。特に高校生、大学1、2年生あたりは、そういう風に自分のいろんな可能性を試すべき時期であると思います。若いうちにしなやかな目で、異文化や圧倒的な自然を体験するといった生の経験は代えがたいものです。
 大事なのは「現場へ行く」ということです。インターネットをするだけでは伝わらないことがあります。現場に行って、自分で体験するということをいっぱいやることを通して、自分は何が好きなのか、自分はどういう人間なのかがわかってくるものだと思います。こうして好きなものを増やすことでとても豊かな人生になるでしょう。僕だって、いまだにいっぱい発見があるくらいですから。やっぱり世の中にはいろんなことがあって面白いんですよね。若い時に、年上の人からこうした方がいいと言われてもうるさく感じるだけかもしれませんが、先ほど言った、「視野を広くして、現場に行って、自分の体で感じる」、これが、みんながやるべきことであると本当に思います。
 僕自身は、旅をしたりといろんな体験をしたけど、もっと「現場に行く」経験をした方がよかったと思っています。たとえば、世界中いろんな国に行って、いろんな文化に触れたらよかったなと、本もいっぱい読んだらよかったなと。大学生時代に授業を休んで無益に過ごしていたりしたけど、その時間にいろいろなことができただろうな、と思ったりもします。ただ大事なことは、やろうと思ったらやればいいということ。何歳からでも決して遅くはないのです。僕は何年後か、この仕事を辞めて、沖縄でダイビングショップをやっているかもしれませんよ。もしかしたら。

プロフィール

小久保 英一郎 (こくぼ・えいいちろう)

1968年宮城県仙台市生まれ。 東京大学理科2類入学、1997年に東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻修了。専門は惑星系形成論。理論とシミュレーションを駆使して惑星系形成の素過程を明らかにし、多様な惑星系の起源を描き出すことを目指す。趣味はスクーバダイビング。 1つの研究がまとまったら南の島に潜りに行く、という生活をしたいと思っている。現職は国立天文台理論研究部准教授。