つけめん駒鉄

東大生御用達の施設・お店の方のお話をご紹介する新生活応援企画第2弾。

駒場キャンパス正門より徒歩2分、駒場生の昼食・夕食の定番となっているつけめん駒鉄の店長さんにお話を伺いました。
(写真は新人店員の船村さん)

開店当時のことを教えて下さい。

駒鉄

去年(2011年)の10月31日にオープンしました。お店の真ん中にこの辺りのジオラマ(右写真)があるんですけど、周りに高校や大学も多いですし、メニューやサービス・料金などの面で学生さんが来やすいようにと考えてスタートしました。

うちは西日暮里にある「つけめんTETSU」さんプロデュースのお店です。支店というわけではなく、会社も違います。麺やスープ、オペレーションに関してはTETSUさんのところに研修に行ったりして、TETSUさん指導のもと出来上がったという感じです。高校時代にTETSUさん本店によく行っていたというアンケートも多く頂きますね。

TETSUさん自体もチェーン展開しているんですが、やっぱりお店によって味が違いますし、昼と夜でも違いますね。うちのスープはTETSU品川店さんと同じくらいの濃度です。スープは豚骨魚介系で、うちだと15時間かけてお作りしています。

お客さんのうち東大生の割合はどれくらいなんですか?

お客さんのうちの7、8割が学生さんで、そのほとんどが東大生ですね。学生さん向けサービスのために学生証を提示してもらうんですけど、そこでああ、とわかります(笑)。

東大生がよく食べるメニューは何ですか?

うちの全体の出数から見てもほとんどつけめんですね。中華そばを頼まれる方ももちろん多くいらっしゃいます。男性の方はやっぱり量重視というか、特々盛りが多いですね。特々盛りは茹でる前で500gなので、茹でて水を吸ってさらにスープも合わせると1kgくらいになってけっこう多いんですけど、皆さん食べていかれます。女性でも頼まれる人はいらっしゃいます、運動部系をやっている人だと食べられるみたいですね。

駒鉄

学生向けのサービスがあれば教えてください。

もともと200gの並と300gの大盛りはお値段が750円で変わらないんですが、400gの特盛りと500gの特々盛りは別料金がかかります。そこに学生証を提示していただけると、750円で特盛り・特々盛りにもできるようになります。もしくは味玉、お野菜、ライスのいずれかをトッピングとしてお付けできます。

今春新しく駒場に来た新入生に一言お願いします。

うちのお店は「つけめんTETSU」さんのプロデュースなんですが、やっぱりラーメン屋さんにしては広くて席数も多いです。椅子も座り心地の良い物を選んでいます。女性お一人でも入りやすいと思いますのでお気軽に。

やっぱり東大生のお客さんが多いので、みなさんによってお店も変わっていきます。ぜひ一度うちに来て食べてみてください。

店舗情報

つけめん駒鉄
〒153-0041 東京都目黒区駒場2-1-7
TEL:03-3465-2100
営業時間:11:00~23:00(ラストオーダー22:00・無休)
Twitter: @komatetsukemen
[料金]

  • つけめん並・大盛り:¥750
  • あつもり並・大盛り:¥750
  • 中華そば並:¥700
  •  (平打ちちぢれ麺にリニューアルしました!)

  • 駒特つけめん(味玉・メンマ・チャーシュー付き):¥1,000
  • つけめん・あつもり小並セット(麺150g・ソフトドリンク付き):¥750