ランダム表示

UTLifeの記事の中から1つをランダムに表示します。どうぞお楽しみください。

ランダムに再表示


1号館

白金台キャンパスのほぼ中央にあるゴシック調の建物が、1号館(本館)です。この建物は、のちに総長となる内田祥三によって設計されたもので、1934年から1937年にかけて建築されました。中は西側、中央、東側で分かれ、それぞれ地下1階から3階(中央のみ4階)まであります。医科学研究所の図書室や事務部が置かれています。医科学研究所以外にも様々な部局の研究室などが入っています。


ランダムに再表示

掲載日:
担当: