Miraikan

Miraikan

新学期が始まって1ヶ月ちょっと経ちました。学部・学科にもよりますが、理系の大半の学生は4年生になると研究室に配属されます。僕の学科でも4月の中旬に研究室が決まり、そろそろ卒業論文のテーマを決めようかと模索しているところです。研究室に夜遅くまで残ったりして大変ですが、先生や先輩方に助けてもらいつつ、楽しく研究ができるのではないかと思っています。

さて、今日はお台場にある日本科学未来館に行ってきました。今学期履修しているオムニバス形式(毎週講師が変わる)の授業で、日本科学未来館の職員の方の講演があって、そのときに招待券をいただいたのです。6年前に開館した博物館ということで、展示も新しいものが多かったように思います。特に「Geo-Cosmos」という展示は、直径6.5mの球の表面に約100万個のLEDを並べた巨大な地球儀で、地球の様子がよく分かります。

写真は、日本科学未来館に行く途中でレインボーブリッジから写したお台場の景色です。レインボーブリッジには遊歩道があり、歩いて通行することもできます。

お台場

05月14日 00:22 by
廣瀬俊典


この記事には、http://www.ut-life.net/site/staff/diary/article/104/で常にアクセスできます。