雲は過ぎゆきて

雲は過ぎゆきて

五月祭1日目、無事に終了しました。

スタッフ達はお祭り騒ぎのキャンパスを東奔西走、いろんな企画を取材し、その様子をリポートしました。もう既に「当日の様子」のページでかなりの企画が紹介されています。ご覧になりましたか?

ところでこの五月祭、1日を終えられたことだけでなく、開催できたことさえも「無事」なんです。

それは、今流行している麻疹のせいです。
早稲田など首都圏の多くの大学が休講になる中、東大でも感染者が出て、休講のおそれが出ていました。休講になっていれば、五月祭は開催できなかったことでしょう。それでも、企画参加者の予防接種経験や発症経験を五月祭常任委員会に提出するなど、万全の処置をとることで、何とか開催できました。

立ち込めていた暗雲が過ぎていき、晴れて開催できた五月祭。それを象徴するかのように、前日に雨を降らせていた雲も消えて、1日目は快晴、まさにお祭り日和になりました。

みんなが待っていた五月祭、明日も青空の下でできることを願いたいと思います。明日ご来場される皆さん、暑さ対策と麻疹対策は万全にしてお出かけくださいね。

ついでに、前日の養田君に便乗して宣伝もしておきます。
僕が住んでいる学生寮も五月祭に模擬店を出しています。場所は塩焼きそばと同じく、赤門通りの「たいとう」ゾーンです。店の名前は、「愛知の手羽先 あいチキン」。暑くて熱い五月祭はビール片手に手羽先が一番! ぜひともよろしくお願いします!!

05月27日 01:21 by
渡邉洋平


この記事には、http://www.ut-life.net/site/staff/diary/article/108/で常にアクセスできます。