ニーティライフ

ニーティライフ

 こんにちは。野島です。夜なのに暑いですね。

 今日は買い物をしてから家に帰りました。せっかくなので「上野から自宅まで30分くらい歩いてみよう」と意気込みましたが、それがよくなかった。汗だくで帰宅。もう夏にやりたくありません。暑すぎです。秋になったらまた散歩すると思いますが。

 最近、周囲で、「NEETy(ニーティ)ライフ」なる言葉が流行っています。よく分からないですが、「ニートな生活」という意味だと思われます。とりあえず「UT-Life」と響きが似ていることが気になってしょうがないんです。残念ながら僕らは「ユーティライフ」です。「ユニバーシティオブトーキョー」の略です。

 さて、大学生もいよいよ夏休み。僕は最後になる(のか分からない)夏休みを過ごしておりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。海行ったり、花火見たり、ビアガーデン行ったりと、青春らしいことでもして思い出作りに励んでいるのでしょうか。

 僕の友人はそのことを「ためにする青春」と言っていますが、言い得て妙だと思います。要するに、青春するために花火に行っているようなものです。花火を観たいのではなくて。友人は、その「青春してるぜ!!」というオーラが苦手なんでしょう。僕も分かります。卒業式で女子が「卒業してもずっと友達でいようね!!」と泣きあっていたのに、すぐに忘れてしまうみたいなエピソード。いやあ、何がしたかったかと言えば、「青春ごっこ」ってやつです。ああ、ずいぶんと干からびた考えをするようになってしまった。

 ところで、僕はと言うと、もう暑すぎて外に出たくないのです。青春もへったくれもありません。青春時代なんて,あったのだろうか…そうそう、思い出してしまった。本当なら上野から30分も歩きたくなかったんですよ。みなさんも、終電にはお気をつけて。何があったかは察してください。

 受験生は、いよいよ本格的になってきましたね。僕は模試でD判定が最高成績だったし、今の時期から「マド○ナ古文」を開いていた程度の受験生時代だったのですが、夏休みが終わる頃までには過去問に手をつけられるようにはなっていました。今からでも復習は間に合うと思います。模試は最後までD判定しか出ませんでしたが、ひたすら頑張ってください(受験生が、このページを見ているほど暇なのかは疑問…)。

 あ、頑張る前に「東大検定」も受けてみてね。僕は出題者なのに95点でした。どこで間違えたんだ…。

08月10日 02:07 by
野島史暁


この記事には、http://www.ut-life.net/site/staff/diary/article/115/で常にアクセスできます。