上達目指して

 ¡Buenos días!(こんにちは!)……ちゃんと表示されるのでしょうか。
 さて、2学期が始まって、忘れかけていたスペイン語の記憶も徐々によみがえってきました。しかし授業はそんなことにはお構いなくドンドンと先に進んでいきます。困ったものです。

 今はちょうど1年生の履修登録の時期で、受ける講義がほぼ固まってくる頃です。僕は先学期に引き続き、今学期も国際コミュニケーション(http://www.ut-life.net/study/navi/columns.php?id=6をご参照ください)の一つである「スペイン語初級」の講義を受けることにしました。これで必修と合わせるとスペイン語が都合週4コマ。なかなか大変です。
 ちなみに、そのうちの2コマはネイティブの先生による授業。スペイン語演習(必修)の先生はメキシコ人、初級の先生はスペイン人です。ご想像の通りラテンアメリカとスペイン本土でのスペイン語の発音は若干、いや、けっこう違うので、聞き取るときに苦労することもしばしばです。

 これで上達できると良いのですが。

 ¡Adiós,hasta después!(ではまた!)