中二病をご存知ですか?

「五月病」というのはよく知れ渡った言葉ですが、「中二病」はあまりメジャーな表現ではありません。ウィキペディアには出ていますが、普通の辞書にはまずでていないでしょう。中学生がしがちな、痛々しい妄想や行動を病気に例えてこう呼ぶようです。詳しくは、http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E4%BA%8C%E7%97%85をご覧下さい。

少し前に引越したのですが、その時自分の部屋の荷物を整理していたら、中二病に限らない自分の過去の病歴を振り返ることができました。どうせ編集後記を見る人は少ないのだから晒してみることにします。

落書き帳に迷路を作って周りの人にやらせて迷惑をかける。何故か迷路の中にドラ○エをぱくったようなモンスターがいる。小三病。

学校で、物語を書くという課題を出されポケ○ンを題材にしたストーリーを作る。小五病。

自分の美術の成績があまりよくないのを理不尽と考える。中一病。(今見たら恐ろしくセンスのない作品だったという話です)

他にも、いらない物から無駄な物まで様々な物が見つかりましたが割愛します。次のは引越しとはあまり関係ありませんが・・・

9999や999など、10のn乗-1(nは整数)的な数字に漠然と憧れる。小四病。

タイムカプセルに何かを書くのが面倒で、適当にけんだまのことを書いて提出。小六病。(1ヶ月前の成人式で見たときに、もう少し将来の自分に向けていいことを書けよと思いました。)

中学高学年から高校にかけても恥ずかしい思い出はたくさんありますが、流石にそれを書くのはちょっと・・・。こういうのが許されるのは小学生までですよねー・・・。

テストのために勉強するのが億劫になりつつも、テストを忘れてぱーっとどこかに遊びに出かけるような勇気が無い。大二病。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

掲載日:
担当: ,