鈴木重子さん

伊藤です。

本日、the東大卒に鈴木重子さんのインタビューを追加しました。鈴木重子さんは、東大法学部出身で、司法試験に3回挑戦しながら、ジャズクラブで歌の活動を続け、プロの歌手になったという変わった経歴の持ち主。実際にお会いしてみて、周りの空気がゆっくり流れているような感じの素敵な方でした。

実は、僕は鈴木重子さんと同じ静岡県浜松市出身で、高校も同じ浜松北高校なので、勝手に親近感を感じていたのですが、インタビューに行って、さらに高校の部活と小学校まで一緒で、実家も結構近いということが発覚し、びっくりしました。

さて、インタビューの中で、一番、心に響いたのは、この一節です。

そのときどき自分が生き生きできることをやって過ごす、逆に言うと今自分がやっていることを100%楽しむ。それが充実した日々を過ごす秘訣なのではないかと思います。

この前入学したと思っていたら、もう4年生になってしまって、そろそろ将来の道を考えたりするお年頃ですが、この気持ちは忘れずに生きていきたいと思います。やっぱり一度しかない人生、楽しまなきゃね。

鈴木重子さんからは絵本も頂いてしまって、うれしかったです。ありがとうございました。

来年にはニューアルバム「サイレント・ストーリーズ」が出るみたい。今から楽しみです。