最初の「あ」

初めまして。4月からの新スタッフの赤松です。

これからは1年生のスタッフが編集後記を担当していきます。なぜ僕からなのかというと、それは単純に名前の順で書く順番が決まっているからです。僕の名字は「あ」から始まるのでこんなことは日常茶飯事。自己紹介も、健康診断も昔から一番目でした。

でも、東大に入ってからは違いました。僕は文科二類なのですが、クラスは文科一類・二類が一緒になっています。そして、出席の際の順番は一類の人→二類の人となっています。そのため、授業の出席や小テストの返却で名前を呼ばれるとき、なんと後ろから数えたほうが早くなってしまったのです。

これはちょっとしたカルチャーショック!今までの世界の見方が少し変わったような気がする出来事でした。
他にも、大学に入るといろいろな新発見があることに気付かされますね。

テスト期間が長いこともその一つではあるのですが、これは嬉しくない発見かも。