雪の日光

雪の日光

 先週の編集後記から少し時間が空いてしまいましたが、今回は予告通り(?)UT-Lifeの冬合宿についてです。

 UT-Lifeスタッフは、毎年夏と冬に合宿を行い、その半年の反省と改善策や今後の活動について話し合います。もちろん話し合いだけではなく観光もするわけですが…。

 そして今年の冬は、先週の土曜日と日曜日(センター試験の日ですね)に日光で合宿を行いました。全国の受験生が頑張っているときに合宿というのは心苦しい気もしますが、テストの日程の都合で仕方ないのです。実際筆者は昨日もテストがありましたし、来週もテストやレポートの締め切りが目白押し(?)です。

 そして、日光といえば東照宮ですね。というわけで我々も東照宮に行ってきました。一部工事中の個所もあって多少残念な気はしましたが、それでも素晴らしかったです!

 観光案内ではないので、事細かに書くのはやめますが、陽明門は見飽きない美しさで、特に素晴らしかったです。そして細部にまでこだわった建造物をこれだけの量作らせることができる天下人の力を実感しました。個人的には逆さ柱を確認し損ねたのが唯一の心残りです。

 そして観光が終われば本題のミーティングです。夕方から夜を徹し…はしませんでしたが、そのぐらいの勢いで長時間ミーティングを行いました。また例年冬合宿では来年度の体制決めが行われます。今年は例年になく(のはず)短時間で決まりました。

 話し合いの結果

代表         赤松航太
編集長        稲森貴一
技術統括・東大ガイド 三ヶ島史人
庶務・東大の学び   亀甲博貴
(以下略)
となりました。

 とりあえず現2年生の役職だけ書いておきます。例年代表、編集長しか書いていないようですが、せっかくなので他の主要な役職の2人も書いておきました。そのほかは来年度のお楽しみということで。

 そして、ミーティングでは役職だけでなく、今後のことも話し合い、いくつか新しい試みをすることが決まりました。
 皆さんにそれをお見せするのにはもう少し時間がかかりますが、より多くの人に、より楽しんでもらえるようなサイトにするべくスタッフ一同頑張りますので、今後もよろしくお願いします!!

 (それにしても写真が1枚もないとは…)

01月21日 10:21 by
稲森貴一


この記事には、http://www.ut-life.net/site/staff/diary/article/204/で常にアクセスできます。