3月の終わりに。

3月の終わりに。

編集後記書きますと言い続けて1ヶ月が経ちました。
謝罪の念と遺憾の意と編集後記を以下に。

遅くなってすみません、こんなはずじゃなかった。

さて編集後記。
この冬に大学受験をされた方、おつかれさまでした。
会ってもいない人の見てもいない努力を労うのは失礼にあたるかもしれませんが、私からみなさんへ敬意を表明する言葉として受け取ってくださると幸いです。

目指していた結果は得られましたか。
でももう今更ですね、何もかも。今回の受験勉強は何かしらの終わりを迎えたわけです。合格にしろ不合格にしろ、現実とどう向き合うかということだけがこれ以降考える価値をもちます。
まあ、日にちも経ったし。それぞれがそれぞれに歩き出そうとしているところでしょう。
楽しくやれるといいですね。満足な結果を得た人もそうでない人も、結果に満足した人もそうでない人も。楽しめないようなことならやめちゃえばいい、やめたくないことなら楽しめばいい。と思います、私は。

どこかしらの大学に入る人はこれからいろんなサークルや部活の新歓をうけることになります(たぶん)。
なんていうか、鬱陶しいと思うこともあるかもしれません(笑
でも新歓やってる先輩たちも、1年生のときに同じことをされてるわけです。そのときにだいたいみなさんと同じような感想を抱いて、その上で自分たちも同じことを新入生にやっている。
……まぁどういうことかというと、あとになればいい思い出になるってことです(笑
どんな新歓やってるかというのもその団体を知るいい視点だと思います。ちやほやされるのも今のうちですし、せっかくなのでね。楽しんでください。
最初にやたらと新歓行ったり実際に掛け持ちしたりして、後で徐々に絞るというのもアリだと思います。そんなことザラにあるんだし、気にせずいろんなとこに顔出してみたらいいんじゃないでしょうか。人として最低限の礼儀さえ守れば(やめるときに一言伝える、とか)。
あ、勧誘に押されて個人情報を教えるときはご注意を。コワイ人たちも全くいないわけではないですし。捨てアドとかとっておくと便利かもしれません。

そういうわけで! 我らがUT-Lifeでも新歓やります。
実はちょっといまそれで頭を悩ませているところだったりするんですが、UT-Lifeの活動に興味をもってくれた人にUT-Lifeの楽しさ・素晴らしさ・代表の偉大さ・信じることの素晴らしさ・選ばれし者としての誇り……まぁ最初以外は冗談として、とにかくUT-Lifeがどんなところかだけでもちゃんとお伝えできるようにがんばります。
新歓の詳細はトップの「新スタッフ募集」と書かれたバナーから飛べるページに書いてあります。お暇な方はぜひ。
個人的には、活動内容と同じくらい雰囲気も大事だと思います。うちはけっこうのんびり(良い意味で)してるところで、私はそこが好きなんですけど
……まぁそういうのも含めて、覗いてみないとわかんないですね。
とりあえず来てみてください、話はそれからです。

っててきとうに書いちゃったんですけど編集後記ってもともと何を書く場なんだろう。
なんちゃって新歓副担当としては最後のあたりがポイントというかなんというか……とかまどろっこしい言い方はよくないですね。
東大生(新1年生・2年生・続1年生)のみなさん、ぜひぜひ新歓イベント(と呼べるほどのものではないですけど)にお越しくださいませ(o_ _)o

さよなら3月また来た4月、楽しい春になりますように。

03月31日 23:59 by
平山いずみ


この記事には、http://www.ut-life.net/site/staff/diary/article/231/で常にアクセスできます。