「四月病」

えー編集後記までご覧になっている読者の方々、ありがとうございます。編集後記の後にまた記事を見返してもらえると新しい発見があるかもしれません。というわけで見てくださいね?

ところで皆さんは「四月病」はご存知ですか?「いまは6月だよ」と思われるかもしれませんが、「四月病」です。まあ四月病を簡単に説明すると五月病の前段階です。具体的には、四月病でやる気に満ち溢れていろいろなものをはじめたけど、自分のキャパシティーを超えてしまってつらくなってかかるのが五月病です。まあこれは僕の解釈なので、他のバージョンもあるかもしれませんが。

で、僕はその四月病っぽいものにかかって、現在五月病に堕ちないよう頑張っています、はい。具体的には第三外国語っていう括りの授業を3つとってみたり、課外活動の量を増やしてみたりといった感じです。ニートやってた去年よりかは格段リアルが充実しているのですけど、なにせもともとのキャパが低いために結構アップアップなんですよねー。まあやり遂げますけど。また四月病は夏の予定にも影響を与えていて、ヨーロッパを旅しようかなど意識高いことを考えてます。

でも、いくら忙しくなってもUT-Lifeの仕事にはより一層精力的に取り組む所存なので、今後ともご愛顧のほどお願いします。

なんか言い方が丁寧すぎますかね?