諸々の秋

 今回の編集後記の命を受けてから、書き出しをどうしようかと迷っていました。
 何故暑いの? 今が夏だから。
 何故夏なの? 今が暑いから。
 その迷いをこじらせて、危うくこんなトートロジーで誤魔化そうと思っていましたが折良く涼しくなってきましたね。
 ここ二日三日で途端過ごしやすい気温になってきました。珍しく秋分の日が大義名分を果たした形です。
 おかげさまで、夏よ疾く去れと願いを込めた……もとい、暑さに対する怨み辛みを込めた編集後記は埋もれ、新たに秋に思いを馳せることにいたしましょう。

「天高く馬肥ゆる秋」と申します。ほんとかよと思いますけどね。個人的には暑さにかまけて暴飲暴食を重ねる夏の方が太りそうな気もしますけど。ああ、お洒落な格言が見る影もなくなりました。
 さてこのように「食欲の秋」「芸術の秋」「行楽の秋」「スポーツの秋」「読書の秋」……思いつく限りでもこんな定型句がありますね。取りあえず「~の秋」って付けとけばそれっぽくなるのが日本語のスバラシイところ。そろそろ引きこもりを脱して秋の中に活動を再開せよとの思し召しかもしれません、家で僕にできるのはせいぜいが「読書の秋」くらいですから。

 読書で思い出しましたが、部屋の本棚が今、非常にまずい。
 大震災で棚板が抜け、百冊を超えた本に埋もれて帯が破れるなんてことを皮切りに、表紙の変なところで折り目は付くわ、文鎮が落ちて床がへこむわと散々でしたが……、去年の秋頃、本棚を買ったんです。結構大容量で、棚の中であろうことか平積みになっていた(普通に立てるよりも場所食わないんです)本を救出できたはず、だったんですが……まあ、「読書の夏」ですよね。

 泣く泣く漫画を売りに出し、それでも今後を考えて心配だったので、多少遊びのあった棚の間隔を詰めてみたんです。そうしたらなんとかスペースの問題は解消できました。が。

 棚板が足りない!! 本棚のメーカーに訊いてみたら棚板単体では販売していない!! 平積みが留まるところを知らない!!

 ……ということで近々、ホームセンターで棚板を作ってもらう予定です。容量の割に安いなあ、これは買うしかないだろーと思ってたんですが、成る程世の中うまいことばかりではありません。皆さんも、本棚を買う時は棚板のことも考えてあげてくださいね。

 読書シーズンも、いよいよ本番を迎えます。
 あっ勉強……。