VHSに黴

VHSに黴

もう、1月も27日。新年のあいさつどころか、授業は始まり、成人式も終って、大学は試験!レポート!と慌しくなっています。

 去年、冬休みが始まった時は「今回は、お休みの時も復習をちゃんとやって、試験直前の負担をなくそう」と思っていたのですが、帰省、おせち等がそうはさせてくれませんでした。帰省のカバンに詰めた教科書やノートは、ただ、カバンを重くさせただけ。で、私自身も現在の慌しい状態に至るわけです…

 とはいえ、帰省では、それなりの成果はありました。某授業で「昔(2000年以前)のテレビ番組」を観てレポートを書く、という課題があって、ネタに悩んでいたのですが、実家で1990年から1991年に放送していた某深夜バラエティー番組のVHSテープを発掘したのです。6本あるVHSテープのうち、一本を観たら、画質が悪い悪い。よくみたら、白い黴が生えていました。黴もおもしろいところを攻めるものです。

 まあ、それでもがんばって見ていると、今も活躍されているタレントさん、鬼籍に入られた方、どこかに行ってしまった方などいておもしろい。それ以外にも、女性のファッションが今ほどぴたっとしていない、メイクは白っぽいファンデーションと真っ赤な口紅の対比がきつい、などの発見がありました。不思議なもので、バラエティー番組の構成やセット、男性のファッションにはそれほど違和感を感じませんでした。

 唯一残念だったのが、深夜バラエティーだったのでCMのほとんどが番組宣伝だったことです。もしも、商品CMが残っていたら、おもしろかったのになあと思います。レポートのために、その頃の雑誌も探して読んでみたのですが、雑誌広告でワープロが30万円くらいだったのでびっくりした、ということがありました。そういう驚きがあったかもしれません。
 

01月27日 22:27 by
久保京子


この記事には、http://www.ut-life.net/site/staff/diary/article/258/で常にアクセスできます。