「夏をむねとすべし」?

「夏をむねとすべし」?

 夏が毎年暑くなってきているように感じるのは気のせいだとよいのですが、母の証言だと昔は東京近辺でも暑くて32度くらいだったようなので、気のせいとは言えないのかもしれません。外に出れば熱いアスファルトの上でじりじりとした日差しに焼かれ、たい焼きの気持ちがわかるような……。家の中にいてもじんわりと暑くて逃げ場のないような気持ちになります。というのも、私の家は冬暖かく過ごせるように気密性を高くして作られた家なので、夏は暑いのです。家族がみんなで使う部屋ではクーラーを使いますが、あまり頼らないでいいように考えてみたいと思います。
 兼好法師の徒然草に、「家のつくりようは夏をむねとすべし。」という言葉がありますね。夏に快適に過ごせるように、風通しの良い家を作るのがよい、ということでしょう。自分の家が暑いので、この言葉にはつい大きくうなずいてしまいます。クーラーを使わずに風鈴を部屋に下げてみたり(窓から風が入るといい音が!)、目に涼しい植物を飾ったりしていますが、なんといっても日差しが強く気密性が高いので、暑いです。夏になると、風通しがよく熱が逃げやすい家だといいのにと思って、この言葉を思い出します。
 ただ、この言葉には続きがあって、「冬はいかなるところにも住まる。」と言っています。これはどうでしょうか。日本でも地域によって気候は違うので一概には言えませんが、あまりに寒いのはやはり辛いものです。
 よくばりかもしれませんが、夏は涼しく冬は暖かく過ごせるのが一番です。そう考えていてふと思い出したのが祖父母の家です。祖父母の家は木造家屋で、どちらかというと夏を旨としているのだと思います。冬は私の家よりは寒いです。ただ、驚きの温度調節機能を持っているのが、ガラスの窓の内側にある幅1メートルくらいの縁側のような場所で、縁側と部屋は障子で仕切られており、窓辺に空間ができているのです。夏はその空間が窓から差し込む日光と外の気温で温められ温室のようになります。しかし、障子で仕切られているので部屋にはその温まった空気が入ってこず、やわらかな日の光が障子から部屋を明るくします。冬はその空間が冷蔵庫並みの気温になります。かなり気温が低いので、実際に買ってきた魚や肉を保管していました。同じく、障子の向こうの部屋には冷気が入りません。「夏は涼しく冬暖かく」とまではいかなくても、家の外からの気温の影響を緩和する仕組みだと思います。
 最近では「緑のカーテン」も少し普及してきたような気がします。作り方の講習会を開いている自治体もあるようです。緑のカーテンは、夏に成長する植物を使って窓に日よけを作り、冬は日光を遮らないので、季節に応じた温度調節ができそうです。
 夏か冬かの二者択一ではなく、知恵をしぼって(エネルギー消費は少なめにして)年中快適に過ごせたら素敵だなと思う今日このごろです。
 

08月05日 21:47 by
島田佳織


この記事には、http://www.ut-life.net/site/staff/diary/article/267/で常にアクセスできます。