最後の夏休み?

9月も半分を過ぎ、長すぎる夏休みもいよいよ終盤となりました。
大学三年ともなると、就活を始める人・インターンをする人・試験や院試の勉強に励む人・海外旅行する人……などなど、その過ごし方も一年二年の頃とは違う人が多いようです。

僕はというと、今までの長期休暇と変わらず、バイトをしてそのお金で旅行に明け暮れております。
これからの長期休暇は勉強に励むんだと自分に言い聞かせ、最後のチャンスとばかりに好き勝手ふらふらと。
この三年間の長期休暇に旅行ばかりしていた結果、訪れた都道府県の数は40を超えそうです。

何のために旅行をするのかという話ですが、僕の場合、
・有名観光地
・温泉
・郷土料理
がメインになっていると最近気が付きました。
その中でも特に寺社仏閣を見るのが好きなようで、一昨年には四国八十八ヶ所を(レンタカーで)巡るなんてこともしました。

けれども僕は特にどの宗教を信仰しているわけでもありません。
ではなぜ心惹かれてしまうのか、少し考えてみました。

ひとつに、(特に神社の)雰囲気が好きだということがあります。
たとえ町中にあっても、境内に入ると周りの音がいつの間にか聞こえなくなり、心が安らぎます。
木のさざめき、虫の鳴き声、足元の砂利の音、そういう自然の音に包まれる気がします。
京都の八坂神社はその印象が強いですね。

次に、それぞれの違いや特徴を見る・見つける楽しみがあります。
基本的な構造は共通しているのですが、彫刻が細緻だったり、配置が独特だったり、摂社があったりします。
個人的にはおみくじの種類も気になるところです。
この点で言うと、京都の伏見稲荷大社はとても面白いです。

最後に、お参りする、という行為に意味があると思っています。
こんなことを言うのも罰当たりですが、僕は特に神様の存在を信じているわけではありません。
それでも、二礼二拍手一礼をしてお願いごとをします。
お願いごとをするためにはもちろん自分の願望を明確にしなければならず、そのためには自分と向き合う必要があります。
この自分とまっすぐ向き合う時間を求めているのかもしれないと最近思うようになりました。
高校時代は通学の電車の中でそういうことをすることもあったのですが、今では通学時間に「スキマ時間」というレッテルを貼り、スマホで有意義に消費してしまっていたようですね。

とまあとりとめのない簡単なものですが、今回はこれで。
なにせ今は東北旅行中。
名だたる文豪の地を旅行しながら文章を書いていると、身も縮こまる思いです。

これから年に二回のUT-Life合宿に行ってまいります。
雲行きが怪しいですが、果たしてどうなることやら。
次回の編集後記をお待ちください(?)