種はここかしこに

種はここかしこに

さわやかな5月、いかがお過ごしですか。

今年度の編集長を務めます、島田です。どうぞよろしくお願いいたします。
UT-Lifeには、受験生の方に役に立つ情報はもちろんですが、東大のみなさまに読んでいただきたい記事もたくさんありますので、ぜひいろいろなコンテンツを見てみてください。(私はインタビューの記事が好きです。)

さて、私は現在工学部の都市工学科というところで勉強しています。進学振分けで工学部に進学しましたが、文科三類出身で、文三の多様で自由な風土がすごく好きでした。高校生のころに文系を選択したときは何の迷いもありませんでしたし、後からこんな選択をすることになるとは少しも思っていませんでした。ただ、私の場合は文系として地理や世界史や現代文を学んでいなかったら都市というものや工学にそれほど興味を持たなかったと気がするので、高校生のころからやってきたことと今はつながっているなと感じます。もちろん、化学や数学などの知識が足りなくて苦労することもたくさんあるのですが……。

同時に、高校生のころやったことに加えて、大学に入ってから出会った人、読んだ本、思い出した言葉、経験したこと、探して見つけたものなど、いろいろなことがあって今があるということも感じます。

今も何かと迷いは尽きないのですが、今やっていることが、明日手に取る本が、もっと後に出会う考え方が、つながっていくかもしれない。そう思うので、心をオープンにして、自分の頭でしっかり考えながら、やるべきことをやっていこうと思います。考える種はあちらこちらにあって、UT-Lifeにいると、そういうものにたくさん出会える気がします。

UT-Lifeでは、現在も(そしてこれからも)新スタッフを募集しています。人に会いにいくこと、文章を書くこと、企画を練ることなどに少しでも興味のある方はぜひ一度ミーティングにいらしてくださいね!

05月05日 17:26 by
島田佳織


この記事には、http://www.ut-life.net/site/staff/diary/article/285/で常にアクセスできます。