免許合宿にて

免許合宿にて

お久しぶりです。
私9月16日~29日で鳥取で免許合宿しておりました。無事免許を最終的に取る資格は得ることができました。
具体的には免許の技能試験だけ合宿で受かり、学科試験は住民票記載の県内で受けなければいけないという感じです。
自動車の運転自体は簡単ですが、交通ルールに従って走行させるのが意外と難しいです。路上で運転し始めて気づいたのが標識が大変多いこと。普段目に留めなかったものがいきなり飛び込んでくる感じは新鮮です。
免許合宿だけなのかもしれないですが、合宿中担当教官という最も多く教習を教えてくださる教官が1人ずつ割り当てられます。
私の担当教官Tさんは強烈に面白い方でした。運転中、あらゆる冗談を織り交ぜてくるので答えるのがなかなか大変ではありましたが。
しかし最後の教習で私が路上を運転しているとき、Tさんが不意に「どうして私が自動車学校に就職したと思う?」と聞いてきました。私は練習で普段通り余裕のない中「自動車の運転を教えたかったからですか?」とか「車が好きだからですか?」とか答えましたが違いました。
Tさんは「私が自動車学校を選んだのはどんなに運転が上手い人も自動車学校でその運転の基礎を築くから。自動車学校はそういう意味で、運転の頂点に位置しているのですよ」と仰いました。
「あなたも東京大学ですよね。東京大学は学力の最高学府ですが、私も自動車では1番だと誇りに思っています。しかし何事もそこに入ってからが大事なんです。あなたも頑張ってね」
そのときのTさんの笑顔が印象的でした。

10月02日 11:32 by
門谷拓磨


この記事には、http://www.ut-life.net/site/staff/diary/article/292/で常にアクセスできます。